Excel 足し算と掛け算をまとめて行う(SUMPRODUCT関数)

2021年11月6日

SUMPRODUCT関数は指定したセル範囲を行方向に掛け算した値を合計する関数です。

PRODUCT関数(掛け算)の結果をSUM関数(足し算)で集計します。

仕様

=SUMPRODUCT(配列1 …省略… 配列255)
引数省略時の値説明
配列1~2551のみ省略不可集計する範囲を指定。
各引数の詳細

使用例

単価と数量と値引率のセルを用意しSUMPRODUCT関数の引数に指定すると

掛け算された合計が表示されます。

3つめの範囲は割引率なため、1-割引率としています。

SUMPRODUCT関数を使う例
SUMPRODUCT関数を使う例

SUMPRODUCTを使わない場合、小計を計算してからSUM関数などで

合計する必要がありますが、SUMPRODUCT関数を使えば

小計を出さずに一つのセルと関数で完結させることが出来るため

小計を表示する必要がない場合は、セルも式も簡潔になるのがメリットです。

SUMPRODUCT関数を使わない例
SUMPRODUCT関数を使わない例

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

関連記事

活用例

VLOOKUP関数で大文字小文字を区別する方法

重複除外してカウントする方法(重複データは1件として数える)

関数の仕様と使い方の記事一覧