ロボット入門その2 リモコン鬼は外

前提

こちらの記事を呼んでいない方は

先にこちらを参照することをお勧めします。

概要

ガイドブックのサンプル、

リモコン式打ち落としゲームの

動きを少し変えて、書いた時期が節分なので

鬼の面を張り付けてみました。

下の写真の赤枠部分にリモコンを向けて

ボタンを押すと鬼が倒れる仕組みです。

ガイドブックはリモコンが外れると

起き上がる仕組みでしたが、

基盤のどれかのボタンを押したら

起き上がるように変更しています。

リモコン鬼は外

鬼でなくても特撮やアニメの悪役にしても

盛り上がると思われます。

ロボット作成

自動ドアのパーツを大幅に減らし

かつ簡単なため割愛します。

基盤にステー2本、サーボモーター、

電池ボックス、赤外線フォトリフレクタを

繋げていくだけです。

プログラム作成

プログラミングツールや

センサー設定、テストモード起動が必要です。

詳細は自動ドアの方にあるので

調べたい方はそちらを参照お願いします。

リモコン鬼は外のScratchプログラム

一つ目の「もし~なら」でボタンを押されたときに

鬼を起こす動作を指定しています。

ボタンが押されていない状態が1、

押されている状態が0となります。

二つ目の「もし~なら」でリモコン操作を検知した際の

鬼を倒す動作を指定しています。

リモコンによって赤外線フォトリフレクタの

値が変わってしまうため

ここでは10で反応していますが、

適宜、調整する必要があります。

また白い紙や紙コップなどで

赤外線フォトリフレクタの周りを

覆うと感度が上がり当てやすくなるため

難易度などの調整が可能です。

おわりに

今回は単純なゲームでしたが、

ガイドブックにはタイヤで走行して

的自体が動く発展形。

更にサーボモーターを追加購入して

的の動きを増やすのも面白いと感じましたので

追々、試していこうと思います。

フォローする