【Google Apps Script】はじめてのGoogle Apps Script

概要

Google Apps Scriptは

Googleドライブ上でプログラミングを行い

カレンダーやGmail、スプレッドシートの

自動化を行うツールです。

サーバを用意する必要がなく、

ブラウザがあれば活用することが可能です。

当記事では、その導入を解説します。

導入手順

Googleドライブにアクセスし

「新規」を選択します。

Googleドライブより新規を選択

「その他」、「アプリを追加」を選択します。

アプリを追加

ドライブにアプリを追加より

「Google Apps Script」を追加

ドライブにアプリを追加より「Google Apps Script」を追加
「Google Apps Script」を接続
「Google Apps Script」の接続に成功

「新規」の中に「Google Apps Script」が

追加されていれば成功です。

「新規」に「Google Apps Script」が追加されている

こちらを選択することで

Google Apps Scriptファイルを

作成することが可能です。

プログラム作成

Googleドライブ内の任意のフォルダに

Google Apps Scriptファイルを作成します。

すると初期コードが表示されます。

初期コード
初期コード

デバッグ用のログに

「はじめてのGoogle Apps Script」と

表示するプログラムを記述します。

function myFunction() {
Logger.log("はじめてのGoogle Apps Script");
}
「はじめてのGoogle Apps Script」と表示するプログラム

保存してプロジェクト名を付けます。

保存してプロジェクト名を設定
プロジェクト名の編集

実行ボタンをクリックします。

実行ボタンをクリック

デバッグ用のログを表示します。

デバッグ用のログを表示
デバッグ用のログ

それぞれのGoogleアプリで使用