Excel テキストデータの取り込み方法(区切り文字、固定長)

概要

Excel以外のアプリケーションで作られた

データを取り込むことをインポートと呼び、

Webサイトなどから得られた

外部のデータを効率的に

利用することが出来ます。

この記事ではインポート方法を解説します。

Excelでは様々なファイルをインポート出来ますが

代表的なテキストファイルを例を紹介します。

ファイルの種類

テキストファイルをインポートするとき、

どのアプリケーションでも使えるような

特有のルールで表現されている必要があります。

区切り文字

列の区切りを特定の文字列、

行の区切りを改行で表現する形式です。

カンマ

CSVと呼ばれる形式で区切り文字では

最も代表的な形式です。

単純で扱いやすいですが、

カンマという文字はデータ中に

普通に使われることがあることや

数値を3桁区切りにする場合などを

考慮する必要があるため

CSVは減少し、後述のタブ区切りが

増えてきている印象です。

CSVの見た目

タブ(TAB)

タブはTabキーを押したときに

入力される特殊なスペースで

区切られた形式でTSVと呼ばれます。

タブ文字はアプリケーションによって挙動が違い、

1文字が特定文字数の空白となったり、

文字に合わせて自動調整される場合があります。

Excelを範囲選択してコピーし、

他のアプリケーションにペーストした場合、

この形式で貼り付けがされます。

TSVの見た目

固定長

半角スペースで左端が揃えられた形式です。

コンピュータよりも人間に見やすい形式ですが、

一般的な利用は減っている印象です。

固定長の見た目

手順

「データの取得」を使用

「データ」、「データの取得」、「ファイルから」より

「テキストまたはCSVから」を選択し、

読み込むファイルの場所を選択します。

まず「データ」、「データの取得」、「ファイルから」より「テキストまたはCSVから」を選択

このような画面が表示されます。

自動的にファイルの中身を分析し、

適切な形を選択しますが、

テキストファイルウィザードほど

柔軟な設定は出来ません。

インポートツールの表示

読み込んだファイルは

自動的にテーブル変換されます。

「テキストファイルウィザード」を使用

インポートツールで失敗する場合や

ファイル保存されていない場合は

こちらを使用します。

テキストファイルの内容を全てコピーし、

Excelにペーストすると

貼り付けのオプションが表示されるため

テキストファイルウィザードを選択します。

テキストファイルウィザードを選択
テキストファイルウィザード

またブックを開くのと同じ方法で

テキストファイルを開いても

同様の状態になります。

ファイル形式などを確認し、

「次へ」を押下します。

プリセットの内容確認

区切り文字の場合

元のデータの形式で「カンマやタブなどの区切り文字に

よってフィールドごとに区切られたデータ」を

選択した場合の設定方法です。

CSVやTSVに使用します。

「カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ」を選択

区切り文字をファイルのものに変更します。

「文字列の引用符」はデータが文字列の場合、

“(ダブルコーテーション)で囲んでいるか否かです。

基本的にそのままで問題ありません。

「連続した区切り文字は1文字として扱う」は

CSVやTSVの場合、空白列があると

列が狂うので基本的には設定しません。

テキストファイルウィザード 区切り文字の設定

次に列ごとにデータの形式を選択すれば完了です。

テキストファイルウィザード データ形式の設定

テーブルには変換されないため

必要であれば別途設定する必要があります。

取り込み完了後

固定長の場合

元のデータの形式で「スペースによって右または左に

揃えられた固定長フィールドごとのデータ」を

選択した場合の設定方法です。

固定長ファイルに使用します。

「スペースによって右または左に揃えられた固定長フィールドごとのデータ」を選択した場合

区切り位置の候補が表示されるため

初期状態で不具合があれば

マウス操作で調整します。

区切り位置の調整

移行の手順は区切り文字の場合と同様です。

区切りに利用されていたスペースは

全て自動削除されます。

関連記事

初心者向け記事一覧