Excel 1年を360日(12か月×30日)として2つの日付の期間(日数)を取得する(DAYS360関数)

DAYS360関数は開始日と終了日を指定し

1年を360日(12か月×30日)とした

期間の日数を取得する関数です。

会計システムがこの計算方式の際の、

支払い金額などの計算に用います。

それ以外の場合の日数計算では

カレンダー通りに計算するDAYS関数や

休日を除外した日数(営業日・稼働日)を

取得するNETWORKDAYS関数を使用します。

仕様

DAYS360(開始日,終了日,方式)
<開始日>と<終了日>
期間を求める日付かセルを指定します。
<方式>
省略、またはFALSE:米国(NASD)方式
TRUE:ヨーロッパ方式

実行例

それぞれの方式での

実行結果は下記の通りです。

1月が30日でない月は

月末月初で調整されるため

開始日と終了日が違っても

結果の日数が同じ事が発生します。

また開始日が終了日より未来でも

結果が負の数として取得されます。

DAYS360関数の引数と実行結果

関連記事

関数の仕様と使い方の記事一覧