Excel 指定した文字列を指定回数繰り返した文字列を取得(REPT関数)

関数の仕様と使い方(★で評価グラフを作成)を紹介。数値の大小を視覚的に表現したい場合、Excel2007以上でREPT関数よりおススメな「スパークライン」、条件付き書式の「データバー」、「カラースケール」、「アイコンセット」も併せて紹介