Excel 複数系列(複数本数)の棒グラフの作成方法

Excel初心者の方向けに

複数本数の棒グラフの

作成方法を紹介します。

前提知識として初歩的な棒グラフの

作成方法は割愛しています。

手順

基本的な追加

最初に複数系列を作成する場合

データ部分を範囲選択し

集合縦棒を追加すれば完了です。

データ部分を範囲選択し集合縦棒を追加
追加されたグラフ

後から系列を追加する場合

既に女性と男性のグラフが出来ていて

そこに児童を追加します。

女性と男性の棒グラフ

グラフを右クリックしメニューから

「データの選択」をクリックします。

「データソースの選択」が選択されるため

凡例項目(系列)の「追加」をクリックします。

データソースの選択

「系列の編集」が表示されます。

系列名に項目名のセルを設定し、

系列値に件数の値のセル範囲を設定します。

系列名は固定の文字列でも構いません。

系列の編集

小児の棒グラフも追加されました。

児童の件数が表示されたグラフ

注意点など

初期状態では色とデータのイメージが

一致しない場合が多いため

書式設定で設定するとよいでしょう。

色変更後のグラフ

また複数表示できるからと言って

多量の系列も追加すると

グラフとして読みづらくなります。

3~5系列程度が限度で、

それを超えるようであれば

何らかのルールを決めて

合計するか、別のグラフに分けて

表示するのが良いでしょう。

関連記事

基本的なグラフと適切な場面

初心者向け記事一覧

フォローする