Excel VLOOKUP関数で別シートの表を検索する方法

VLOOKUP関数を使用する際、別のシートのリストからデータを検索したい場合があります。

この記事では他のシートの台帳から値を取得する方法を紹介します。

XLOOKUP関数でも同様の手順で可能です。

手順

下記のサンプルで説明します。

VLOOKUP関数を設定する「検索シート」
VLOOKUP関数を設定する「検索シート」
検索の対象となる「商品表」シート
検索の対象となる「商品表」シート

基本的に別のシートのセル参照を意味する!を使用します。

関数の挿入ウインドウを使用する場合

「範囲」の入力ボックスの右の「↑」ボタンを押下します。

関数の挿入ウインドウの「範囲」の入力ボックスの右の「↑」ボタンを押下

セル範囲の入力ボックスのみがピックアップされた状態になります。

セル範囲の入力ボックスのみがピックアップされた状態

この状態で検索するシートをクリックしセル範囲を選択します。

「商品表」シートをクリック
「商品表」シートをクリック
検索するセル範囲を選択
検索するセル範囲を選択

範囲に別シートのセル範囲が自動入力されます。

範囲に別シートのセル範囲が自動入力された状態
範囲に別シートのセル範囲が自動入力された状態-関数の引数ウインドウ
VLOOKUP関数が完成した状態

なお下記の書式に従っていればよいためマウス操作でなくキーボード入力で

「範囲」の入力欄に記入しても構いません。

=シート名!セル範囲

数式バーでセルに直接入力する場合

数式バーでVLOOKUP関数を記述する場合は、

範囲の入力時に検索するシートをクリックしてセル範囲を選択します。

「商品表」シートをクリック
「商品表」シートをクリック
検索するセル範囲を選択
検索するセル範囲を選択
VLOOKUP関数が完成した状態

関数の挿入ウインドウの場合と同様に特定の書式に従っていればよいため

マウス操作でなくキーボード入力で「範囲」を指定しても構いません。

=シート名!セル範囲

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、LAMBDA関数、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

XLOOKUP(VLOOKUP)関数の使い方・活用方法の記事一覧