UiPath Community Editionのインストール

2019年11月6日

こちらの記事から引き続き、

UiPathをインストールする

手順を紹介します。

Community Editionは

一定以下の規模の企業や個人が

無償で利用できる代わりに

機能の一部とユーザサポートに

制限のあるエディションです。

ユーザ登録とダウンロード

下記URLのフォームに入力し

ダウンロードボタンを押すと

メールでダウンロード用URLが

送られてきます。

https://www.uipath.com/ja/developers/community-edition-download

左下のエンタープライズの定義は

組織でCommunity Editionを

利用できる範囲の規定です。

個人でなく組織で利用する場合、

この定義に該当しないことを

確認しておきましょう。

ユーザ登録画面
2019年09月時点の画面です。

メールアドレスの認証が終わると

このようなメールが送付されるので

ダウンロードボタンを押下します。

ダウンロード用のメール

「UiPathStudioSetup.exe」がダウンロードされるので

ダブルクリックして実行します。

UiPathの起動画面が表示されるので

「Community Editionのアクティベーション」を

クリックしWebログインすると

Community Editionを利用できます。

UiPathの起動画面

次の記事

フォローする