Excel 矢印キーでセル移動が出来なくなった時の対処方法

2020年6月16日

Excelを操作している最中に突如、矢印キー( ← ↑ → ↓)では

セルが動かなくなる場合があります。(セルは固定で画面の方が動いてしまう)

その対処方法を紹介します。

原因

スクリーンロックのキーを押していることが原因です。

メーカーによってまちまちですが、概ねキーボードの右上の方に

[Scrolllock]または[ScrLk]キーがありそれを押しているか、

キーボード特有のショートカットキーを押してしまっています。

対処方法

先述の[Scrolllock]または[ScrLk]キーが見つけることが出来るなら押すと解除できます。

見つからない場合はWindowsのホームメニューの

「Windows簡単操作」より「スクリーン キーボード」を選択します。

ホームメニューの「Windows簡単操作」より「スクリーン キーボード」を選択する図解

スクリーンキーボードというパソコン上のキーボードが表示されます。

スクリーンロックが掛かっている状態では[ScrLK]の色が強調されているのでクリックします。

[ScrLk]が選択されている状態のスクリーンキーボードのキャプチャ

すると強調が解除され、矢印キーでセル移動がされる状態に戻ります。

[ScrLk]が選択された状態のスクリーンキーボードのキャプチャ

関連記事

よくあるトラブルの原因と対処方法の一覧