Excel セルに文字が収まらない場合の対処方法 「折り返して全体を表示」と「縮小して全体を表示」

2020年8月4日

Excelではセルに文字が収まらないことが多々あります。

このままでも問題がないケースも多いですが罫線を引く場合や、

印刷をする場合は何らかの対処をする必要があります。

文字が罫線を突き抜けるキャプチャ
文字が罫線を突き抜ける例

この記事ではその対処方法を紹介します。

手順

対象のセル範囲を選択し右クリックしメニューから「セルの書式設定」をクリックします。

セルを右クリックしメニューから「セルの書式設定」をクリックする図解

「配置」タブの「文字の制御」より「折り返して全体を表示する」か

「縮小して全体を表示する」を選択します。

この二つは片方しか選択できません。

「配置」タブの「文字の制御」より「折り返して全体を表示する」か「縮小して全体を表示する」を選択する図解

「折り返して全体を表示する」の場合は自動的に改行されます。

印刷には不向きですが罫線は維持されます。

「折り返して全体を表示する」のキャプチャ

「縮小して全体を表示する」の場合は文字サイズが小さくなります。

「縮小して全体を表示する」のキャプチャ

罫線が維持され印刷にも向きますが、文字が長すぎると小さくなりすぎる点と

セル内改行を入れた時に解除されてしまう点に注意が必要です。

関連記事

初心者向け記事まとめ

日付が「#######」、数値が「1.23E+10」(指数表記)のような形で表示された場合の対処方法

セルの文字を均等割り付けにする方法