UiPath 繰り返しをコンティニュー アクティビティ

「繰り返しをコンティニュー」は

繰り返し(コレクションの各要素)」で

1要素の処理を途中で止めて、

次の要素の処理に移るアクティビティです。

この記事では、その使い方と機能を紹介します。

アクティビティの使い方

「ワークフロー」の「コントロール」の中の

「繰り返しをコンティニュー」アクティビティを

「 繰り返し(コレクションの各要素)」の中にドロップします。

「ワークフロー」の「コントロール」の中の「繰り返しをコンティニュー」アクティビティをシーケンスの中にドラッグする図解

今回は繰り返すコレクションの中に

“A","B","C","D,"E"の5個の要素が入っています。

そして条件分岐で"D"の要素が来たらコンティニューし、

そうでなければメッセージボックスに要素の内容を表示します。

無条件でコンティニューすることはないため、

条件分岐スイッチと組み合わせることになります。

コンティニューしなかった場合は"A"から"E"まで全て表示されますが、

この例では"D"が来たら表示される前にコンティニューされるため

“D"以外の"A","B","C","E"表示されて終了します。

これが同類アクティビティのブレークの場合では

繰り返しがすべて終了するため"E"が表示されませんが、

コンティニューでは1要素を終了させるだけのため

“E"が表示されました。

今回の例は説明のためのサンプルで

Elseの部分にメッセージボックスを置けば

同じのためコンティニューを使うメリットはありません。

コンティニューがメリットを発揮する場面は、

その繰り返すを飛ばす場所が複数ある場合です。

その場合、条件分岐で実現してしまうと

シーケンスの階層が深くなり非常に読みにくくなります。

そこでコンティニューを使うと階層を深くせずに

実現できるため読みやすさを維持できます。

プロパティ

共通

表示名を設定します。

表示名はデザイナーパネルに反映されます。

その他

UiPathのログに引数や変数の値が

表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみ

チェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事

UiPath ワークフロー関連アクティビティの記事一覧

関連アクティビティ

繰り返し(コレクションの各要素)

繰り返しをブレーク

条件分岐

スイッチ