UiPath 1行を書き込み アクティビティ

2020年2月21日

「コメント」は 出力パネルに任意のメッセージを

表示するアクティビティです。

これはツール利用者が見るメッセージではなく、

ツール開発者がツールの動きを確認するために

利用する機能です。

この記事では、その使い方と機能を紹介します

アクティビティの使い方

「プログラミング」、「デバッグ」より「1行を書き込み」を

デザイナーパネルの中にドロップします。

そしてTextに表示したい文言を指定します。

「プログラミング」、「デバッグ」より「1行を書き込み」をデザイナーパネルの中にドロップ

1行を書き込みのTextでは

Excelのように&で文字列を結合したり

変数を指定することが可能です。

今回の例ではInt32型の変数に150を、

String型の変数に"String型変数"を設定します。

テスト表示用の変数設定

String型変数であれば、そのまま表示することが出来ます。

String型をTextに設定する例
String型をTextに設定する例

Int32型やDateTime型の場合は.ToStringが必要です。

Int32型をTextに設定する例
Int32型をTextに設定する例

このツールを実行すると出力パネルに

指定した文言と変数の内容が表示されます。

出力パネルに指定した文言と変数の内容が表示

この出力パネルはツール利用者でなく

ツール開発者のための機能です。

トライ キャッチのCatchesフィールドに設置して

例外(エラー)発生時に状況を確認したり

処理がどこまで進んだかの進行状況を

表示するような使い方が代表例です。

プロパティ

共通

表示名プロパティ

表示名はデザイナーパネルに反映されます。

表示名のデザイナーパネル上の表示

ここを編集する必要性は少ないです。

その他(テキスト)

テキストプロパティ

表示するメッセージを設定します。

変数を設定したり、&で文字列を繋げることが可能です。

String型以外を表示する場合は

.ToStringで変換が必要です。

その他(テキストライター)

テキストライタープロパティ

出力パネルでなくテキストファイルに

メッセージを書き込む場合に使用します。

但しここを使用するより文字列を追加書き込み

利用するほうが都合がよいです。

もし1行を書き込みでファイルに書き込む場合は、

StreamWriter型変数を用意し、

代入アクティビティで、下記のように設定します。

new StreamWriter("書き込むファイルのパス",true)

これは変数設定の規定値で行っても構いません。

StreamWriter型変数を用意し、ファイルパスを設定

そして1行を書き込みを設置し、

テキストプロパティにメッセージと

テキストライタープロパティに先ほど用意した

StreamWriter型変数を設定します。

テキストプロパティにメッセージとテキストライタープロパティにStreamWriter型変数を設定

この方法では最後にStreamWriterのクローズが必要です。

クローズしないとファイルが保存されないため

確実に実施する必要があります。

そのためトライ キャッチのFinallyフィールドに設置します。

クローズには「プログラミング」「実行」の

メソッドを呼び出し」アクティビティを使用します。

「プログラミング」「実行」の「メソッドを呼び出し」アクティビティを設置

そしてプロパティを設定します。

プロパティ設定値
その他・ターゲットオブジェクトStreamWriter型変数
その他・メソッド名Close
「メソッドを呼び出し」アクティビティにプロパティを設定

このツールを実行すると指定のパスに

指定したメッセ―ジが表示されます。

ファイルに出力した結果

前述の通り、クローズをするまでファイルに保存されないため

書き込むたびにファイルに保存してくれる

文字列を追加書き込みの方が扱いやすく好都合です。

とはいえ内部的にはクローズを毎回行っているため

書き込みの回数が非常に大きくなると

ツール全体の実行速度の問題が出てきて、

テキストライターを検討する可能性もありますが、

そこまでになるケースは少ないでしょう。

その他(プライベート)

UiPathのログに引数や変数の値が

表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみ

チェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事

UiPath プログラミング関連アクティビティの記事一覧