ブログを始める3。新規メール作成(ロリポップ)とメーラーでの送受信設定

2020年2月19日

この記事ではロリポップのメールを新規作成し、

メーラー(この記事ではOutlook)で

送受信設定を行う手順を紹介します。

ロリポップの初期メールアドレスはinfo@~であり、

公開していなくてもスパムメールに狙われやすいので

別のメールアドレスを使用することをおススメします。

手順

新規メールアドレスの作成

ロリポップのライトプランでは10個、

メールアドレスを作成できます。

それにはまずロリポップの管理画面にログインし、

「メール」より「新規作成」をクリックします。

ロリポップの管理画面にログインし、「メール」より「新規作成」をクリック

利用するメールアドレスとパスワードを設定します。

単純で短いメールアドレスだとスパムやウイルスが来やすいので

長めで複雑な文字列を使用しましょう。

ロリポップ(メール)用パスワード作成ツール

メール設定画面

「作成」ボタンを押すとメールアドレスを確認されるため

再度、「作成」ボタンをクリックします。

メール設定確認画面

メールアドレスが作られるとリストに追加されます。

1時間ほどかかるようですが、私が試したときは即完了しました。

(プランによる差などあるかもしれません)

メールアドレス作成完了後

別のメールアドレスから送信して受信できるか試してみましょう。

右側のロリポップ!Webメーラーのログインボタンを押下すると

メールを受信して確認することが可能です。

Outlookでの送受信設定

ロリポップ!WebメーラーはHTMLメールが読めなかったり

Gmailなどに劣る部分が多くあるため、

手元のメーラーで送受信出来るように設定しましょう。

この記事ではOutlookを例に紹介しますが、

どのメーラーでも設定項目などは共通です。

まずOutlookを起動しファイルをクリックします。

Outlookを起動しファイルをクリック

アカウントの情報が表示されるので

「アカウントの追加」をクリックします。

アカウントの情報が表示されるので「アカウントの追加」をクリック

追加したロリポップのメールアドレスを記入し、

「接続」ボタンをクリックします。

追加したロリポップのメールアドレスを記入し、「接続」ボタンをクリック

詳細設定でPOPを選択します。

詳細設定でPOPを選択

POPアカウントの設定が表示されるので

ロリポップの設定情報を調べます。

それにはロリポップの管理画面のメール設定画面から

設定するメールアドレスの行の「確認・変更」をクリックします。

設定するメールアドレスの行の「確認・変更」をクリック

ロリポップの設定情報が表示されるので設定します。

Outlookの項目設定値
受信メール:サーバーロリポップのPOPメールサーバー
受信メール:ポートロリポップのPOPメールサーバーのポート番号
受信メール:
このサーバーでは暗号化された
接続(SSL/TLS)が必要
チェック
送信メール:サーバーロリポップのSMTPメールサーバー
送信メール:ポート番号ロリポップのSMTPメールサーバーのポート番号
送信メール:暗号化方法SSL/TLS
POPアカウントの設定例

次へボタンをクリックするとパスワードを入力画面に移動するので

新規メールアドレス作成時に指定したパスワードを入力し

接続ボタンをクリックします。

次へボタンをクリックするとパスワードを入力画面に移動するので新規メールアドレス作成時に指定したパスワードを入力

ログインに成功したら下の完了画面が表示されるので

完了ボタンをクリックします。

POPアカウント設定完了画面

ロリポップのメールサーバは2GBから保存できないため

メールサーバから削除する設定も必要です。

また「ファイル」をクリックし、アカウント情報から

「アカウント設定」をクリックします。

アカウント情報から「アカウント設定」をクリック
「アカウント設定」をクリック

メールアドレスを選択し「変更」をクリックします。

メールアドレスを選択し「変更」をクリック

下の画面が表示されます。

自分の名前とアカウント名が初期設定では

メールアドレスになっているので必要に応じて変更します。

メールの設定が削除するものになっていなければ変更します。

多くの場合、初期状態で「サーバーにメッセージのコピーを残す」、

「サーバーから削除する」にチェック、14日後になっています。

この設定であれば問題ありません。

設定を変更して「次へ」をクリックすれば完了です。

アカウントの設定とメールの削除設定

ちなみに「フォルダーの変更」で

メールの保存場所を変更することが出来ます。

OneDriveなどクラウトストレージを連携している場合、

そちらに変更すると保存性と利便性が向上します。

(「新しいOutlookデータファイル」をクリックし、クラウドストレージを選択)

メールアドレスを選択し「フォルダーの変更」をクリック

WordPressのメールアドレスの設定

WordPressの管理画面にログインし「設定」をクリックします。

一般設定が表示されるので管理者メールアドレスを

新規作成したメールアドレスに変更します。

管理者メールアドレスを新規作成したメールアドレスに変更

新規作成したメールアドレスに認証用のメールが送信されるので

認証用URLをクリックしたら設定変更完了です。

次の記事

ブログを始める4。独自ドメイン取得と設定

一旦、この記事を飛ばしても構いませんが、

独自ドメインを導入するほうが

検索サイトに有利に扱われやすいので

どこかで移行することをお勧めします。

ブログを始める5。ブログをSSL対応

この記事も飛ばして構いませんが、

無料且つ少ない手間で検索サイトからの

評価を高くすることが出来るので

実施しておくことをお勧めします。

ブログを始める6。安全のためSiteGuard WP Pluginを設定

この記事も必須ではありませんが、

犯罪者にサイトを乗っ取られるのを防ぐために

いずれ設定することをお勧めします。

ブログを始める7。無料テーマLuxeritas導入と設定

とにかく早く記事を書いてみたい方は、

無料ブログで始めるか、この記事の手順から始めましょう。

関連記事

サイト運営・副業関連の記事一覧