ブログを始める8。記事を投稿する手順と心得

2020年3月2日

この記事では記事を投稿する最低限の手順と

意識したほうがよい点を紹介します。

手順と心得

まず前提としてSEO(検索エンジン最適化)は

気にしすぎない方が良いです。

決して無駄ではないのですが、Googleの検索ロボットの

評価基準は毎月とかそういう速さで変わってしまいます。

検索ロボットの機嫌を取ることを仕事にする業者と

それだけに特化しか価値の低いコンテンツを

インターネット上から振り落とすためです。

(当然、ロボット自体の進化もあり)

よって読む人にとって価値があるか、

読みやすいかを意識して書いていきましょう。

最初から完璧を求める必要はありません。

そもそも最初から質の高いコンテンツは作れないので

作りながら練習していくつもりでいましょう。

公開しないと質の有無を検索サイトにも評価されず

サイト解析もできないので非公開ではダメですw

質の低い記事や間違いはどうやっても発生します。

間違いがないような人間は他人の足を引っ張るだけで

自分では何もしない人でしょう。

間違いが発生した場合は、あとから訂正しましょう。

とにかく書いてみることが大事です。

但し情報漏えいだけは気を付ける必要はあると思います。

スクリーンショットなどに入り込まないかを気を付けましょう。

新規投稿

「投稿」より「新規追加」をクリックします。

「投稿」より「新規追加」をクリック

タイトルを設定

「タイトルを追加」に記事の題名を記載します。

検索サイトや記事一覧で大きく表示される重要な要素です。

文字数は色々言われますが長すぎても短すぎても

何の記事なのか意味不明になるので良くありません。

概ね40文字以内で上手くタイトルが書けないなら

記事内容を分割したり、他のことを書いてもよいでしょう。

ここも完璧なものを最初から設定することは出来ません。

あとから検索のされ方などを調べて

ブラッシュアップしていくことを考えましょう。

URLを設定

タイトルを設定したら「下書きとして保存」をクリックします。

(下書き保存しないと不可能です)

「下書きとして保存」をクリック

右メニューの文書からパーマリンク、

URLスラッグを編集します。

初期値では記事タイトルが

そのまま日本語で初期設定されていますが

インターネットは海外のシステムが多く、

日本語の取り扱いが不自由なことがあります。

よって英語に書き換えましょう。

文法は不要です。Google翻訳で単語を調べて

単語を-で適当に繋げるだけでも構いません。

(文法が分かる方がベストではありますが)

右メニューの文書からパーマリンク、URLスラッグを編集
URLスラッグ編集後

単純な連番では意味不明になるので

必ず英単語で付けましょう。

これは後から変えるとサイト分析や

検索評価として良くないので

変えないつもりでいましょう。

ここは貴方が分かるレベルになっていればよいです。

見出し

見出しを付けると検索サイトに理解しやすくなり

自動で目次も設定されるので適宜設定しましょう。

書式メニューから見出しを選択して

ブロックを見出しに変換します。

書式メニューから見出しを選択してブロックを見出しに変換

そして右メニューから見出しのレベルを設定します。

右メニューから見出しのレベルを設定

H1は記事タイトルで使われているので、

H2を大区分、H3を中区分、H4を小区分程度の感覚で使用しましょう。

H5やH6を使用することは希です。

ただし記事の内容的に見出しを使用する必要を感じなければ

見出しなしでも構いません。

無意味な見出しなら無い方が良いです。

あくまで文書構成として適切な範囲で使用します。

文字色変更

文字色を変えたい範囲を指定すると

書式メニューが表示されるので

そこから文字色を変更できます。

書式メニューより文字色を変更

基本的には黒と赤(強調)だけにしておきましょう。

色が増えると読みづらくなります。

もし複数の色を使う場合は、

色に意味を与えて、その意味を説明することが好ましいです。

画像掲載

画像ファイルをペイントで開いて

コピー&ペーストをするか、

+より画像を選んでファイルをアップロードすれば

記事に画像を掲載できます。

+より画像を選んでアップロード

著作権について

画像を貼る際には著作権を気にする必要があります。

著作権情報センターのこちらの内容を確認しておきましょう。

ブログにあたって気にすることは下記の通りです。

(記事の文章にも同様なことが言えますが)

  • 機密情報に該当するものを載せない
  • 個人情報に該当するものを載せない(本人が公開している情報は別)
  • 有料素材は購入し、規約を確認(フリー素材でも規約は確認)
  • Webや書籍の情報の転載は引用元を明示。あるいはリンク。(政治・報道は別)

アイキャッチ画像

必須ではありません。

記事内容を連想できるオリジナルのサムネイルが理想ですが、

コストが大きすぎるので

最初は記事の中で使った画像か

空白にしておくくらいでよいです。

イラスト描くのが得意とか好きなら是非入れましょう。

抜粋

必須ではありませんが記事の概要を書きます。

右メニューの文書より抜粋を編集します。

タイトルより長いが(具体的)、本文より短い(抽象的)な

記事説明を考えられるなら書いておきましょう。

記事の抜粋の設定

次の記事

ブログを始める9。プラグインのインストールと設定

関連記事

サイト運営・副業関連の記事一覧