情報システム設計 更新通知メールについて

私が作っている情報システムでは顧客情報などを管理するものがあり、

Web画面から内容を登録・更新が可能なものがあります。

そういったものではユーザが情報を登録・更新すると

メーリングリストにHTMLメールを通知で飛ばすようにしています。

メールサーバ如何によって常に最適なやり方とは言えませんが、

参考までに、私はこんな感じに設計することが多いです。

設計

メールタイトル

メールタイトルはこのような感じです。

【システム名】【画面名】顧客名 アクション

最初はシステム名をプリフィックスとしてメールの仕分やすくします。

その後で画面名と対象情報を明確にします。

最後のアクションには登録・更新・削除などを入れます。

メール本文

通知メールのイメージ
  • 誰がいつ、更新したか(名前でもログインIDでも可)
  • その時点での全情報。変更された情報は変更前も
  • 変更されたものは色替えで強調

人が多くなると誰がいつどのような更新したかが分からなくなり、

酷い時は「バグだー!」として騒ぎだす輩が出るので、

こういうことをしています。

(難癖は幾らでも付け方はあるので、何でもかんでもバグだと騒ぐ猛者もいますが)

また更新箇所を明確にし、前後の情報も出すことで

間違いであった場合でも各自で修正することが容易になります。

私はあまりやりませんが、こういう履歴はデータベースに残してもよいと思います。

(日次や週次のバックアップもあります)

必須ではないですが、数値は右揃えで三桁カンマにすると

システムエンジニア以外に更に読みやすいものになります。

更新画面へのリンク

情報の上か下かには一覧画面と更新画面へのリンク(Aタグ)を貼ります。

これにより修正したい場合などへのアクセスを容易にしています。

ユーザから更新・削除される情報は連番を主キーにしていて、

更新画面にその連番をGETパラメータ指定することでアクセスするようにしています。