Power Automate Desktop Webページの表をExcelに保存(基本的なWebブラウザー自動操作)

2022年6月13日

Yahooの日経平均株価(時系列)のページを例に

Webページの表をExcelに保存する方法を紹介します。

手順

Robin言語(コピー&ペースト用)

Power Automate Desktopにコピー&ペーストして利用可能です。

WebAutomation.LaunchEdge.LaunchEdge Url: $'''https://info.finance.yahoo.co.jp/history/?code=998407.O''' WindowState: WebAutomation.BrowserWindowState.Normal ClearCache: False ClearCookies: False WaitForPageToLoadTimeout: 60 Timeout: 60 BrowserInstance=> Browser
WebAutomation.ExtractData.ExtractHtmlTableUsingPagingFromAllPagesInExcel BrowserInstance: Browser Control: $'''html > body > div:eq(2) > main > div > div > div:eq(0) > div:eq(1) > div:eq(2) > div > div:eq(1) > table''' ExtractionParameters: {[$'''日付''', $'''始値''', $'''高値''', $'''安値''', $'''終値'''], [$'''''', $'''''', $'''''', $'''''', $''''''] } PagerCssSelector: $'''div[id=\"root\"] > main > div > div > div:eq(0) > div:eq(1) > div:eq(2) > div > div:eq(2) > div > p:eq(1), html > body > div:eq(2) > main > div > div > div:eq(0) > div:eq(1) > div:eq(2) > div > div:eq(2) > div > p:eq(1)''' PostProcessData: False TimeoutInSeconds: 60 ExcelInstance=> ExcelInstance
Excel.CloseExcel.CloseAndSaveAs Instance: ExcelInstance DocumentFormat: Excel.ExcelFormat.FromExtension DocumentPath: $'''C:\\Test\\Test.xlsx'''
WebAutomation.CloseWebBrowser BrowserInstance: Browser

フロー作成

Power Automate Desktopでブラウザ操作をするには

事前に拡張機能のインストールが必要です。(IEは不要)

更に操作するページを開いておきます。

ブラウザーを起動

「ブラウザー自動化より」、「新しい Microsoft Edge を起動する」をドラッグします。

(別のブラウザを利用する場合は別のアクションにします)

「初期 URL」に開くURLを指定して「保存」をクリックします。

(今回はYahooの日経平均株価(時系列)のページのURLを指定します)

「生成された変数」の「Browser」は開いたブラウザーを指す変数です。

Webページからデータを抽出する

「ブラウザー自動化」の「Webデータ抽出」より、

Webページからデータを抽出する」アクションをドラッグします。

「Webブラウザーインスタンス」にブラウザーを開いたときに

生成した変数(変数名Browser)を指定します。(自動セットされる場合は確認)

「データ保存モード」を「Excel」スプレッドシート」に変更します。

事前に開いておいた操作するページを選択します。

すると次のようなウインドウが表示されます。

この状態でデータ取得したい表を右クリックしてメニューから

「HTMLテーブル全体を抽出する」を選択します。

ページ切り替えがある場合は次ページへのリンクやボタンも右クリックし、

メニューから「要素をページャーとして設定」を選択します。

設定に成功すると表の内容が表示され、

データの末尾に「次のページに対応する値…」が表示されます。

この状態で「終了」をクリックします。

「データの抽出元」に「すべて使用できます」を指定します。

Yahooの日経平均株価(時系列)のページの場合、初期条件では3ページですが、

もっと多い場合はページ数を設定した方が良い場合もあります。

ここまでのフローを実行すると

抽出した3ページ分の情報がExcelブックに転記されます。

Excelを閉じる

「Excel」より「Excelを閉じる」をドラッグします。

「Excelブラウザーインスタンス」にデータ抽出で

生成した変数(変数名ExcelInstance)を指定します。(自動セットされる場合は確認)

「Excel」を閉じる前に「名前を付けてドキュメントを保存」し、

「ドキュメントパス」に保存場所とファイル名を指定して保存します。

この状態でフローを実行すると日経平均株価の情報がファイルとして保存されます。

ブラウザーを閉じる

最後に開いたブラウザーを閉じます

(画面を残したい場合は不要ですが。基本的には閉じるほうが無難です)

「Webブラウザーインスタンス」にブラウザーを開いたときに

生成した変数(変数名Browser)を指定します。(自動セットされる場合は確認)

当サイトのサンプルフォームに自動入力する例を紹介

保存してフローを起動すると開いたブラウザーが自動で閉じられます。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,700ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

初心者向けの記事一覧

実用例の記事一覧