Power Automate Desktop 「一時ファイルの取得」アクション

2021年5月8日

一時ファイル(フロー起動中にのみ使用するファイル)を作成するアクションです。

利用方法

「アクション」の「ファイル」より「一時ファイルの取得」をドラッグします。

このアクションにパラメータは存在しません。

生成された変数

アクションの結果が格納されます。

この変数名は変更可能です。

同じアクションを複数設置する場合は、どのようなファイルかを示す名称に変更しましょう。

TempFile

作成されたファイル情報リストで格納されます。

この変数は各ファイル操作アクションのファイルパスパラメータに利用します。

この一時ファイルは削除されないため(おそらく)、

見つけにくい場所(Tempフォルダ内)に残り続けます。

そのため最後に「ファイルの削除」をしておきましょう。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

関連記事

「ファイル」の使い方の記事一覧