【専門用語&数式ゼロ解説】OS(オペレーティングシステム)

文系の新卒向けにした説明の流用です。

ITパスポート試験や基本情報技術者試験にも出てくる単語です。

OS(オペレーティングシステム)とは

ハードウェア(キーボード、マウス、タッチパネルなど、コンピュータやスマホの部品)を

機能させるためのソフトウェアです。OSがないとコンピュータは動きません。

略称のOSをオスと呼んでしまう人が稀にいますが、オーエスと呼びます。

部品やソフトウェアを作る人以外にはイメージがしにくいものであり、

そういう人以外は普段は意識する必要は殆どありませんが

OSの種類やバージョンが変わると異なる事項として

以下の点は気にする必要があります。

  • 操作性が異なる
  • 利用できるソフトウェア(アプリケーション)が異なる
  • 利用できる周辺機器が異なる

主なOSと概要説明

名称概要
Windows最も普及しているMicrosoft社製のOS。
一般利用と事務系の業務利用が主流。
パソコンがメインだがサーバ用も存在。
UNIX金融システムのような大掛かりなサーバに使われること多いOS。
実際に使われるものはAIX、HP-UX、Solarisなどの派生OS。
LinuxUnixの派生OSで大掛かりでないサーバに使われることが多いOS。
(比較の問題で大掛かりなシステムに使われないわけではない)
実際に使われるものはFedora、Ubuntuなど派生OS。
(Linuxディストリビューションと呼称)
macOSApple社製のパソコン用OS。
デザイナー・クリエイターなど創作活動への利用が主流。
利用するだけなら気にする必要はないがUNIX派生。
iOSApple社製のスマートフォン・タブレット用OS。
利用するだけなら気にする必要はないがmacOS(UNIX)派生。
AndroidGoogle社製のスマートフォン・タブレット用OS。
各スマートフォン・タブレットのメーカーが
カスタマイズしたものが主に利用される。
利用するだけなら気にする必要はないがLinux派生。

関連記事