Power Automate Desktop「Outlook からのメール メッセージの送信」アクション

2021年8月6日

「Outlook からのメール メッセージの送信」は

Outlookを利用してPower Automate Desktopからメールを送信するアクションです。

利用するにはOutlookで送信に利用するメールアカウントの設定をしておく必要があります。

利用方法

「アクション」の「Outlook」より

「Outlook からのメール メッセージの送信」をドラッグします。

設置個所は「Outlook を起動します」より後ろ、「Outlook を閉じる」より前です。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

Outlook インスタンス

閉じるOutlookを「 Outlook を起動します 」で生成された変数を指定します。

該当する変数が存在する場合、自動でプリセットされます。

アカウント

メール送信に利用するOutlookアカウントをテキストで指定します。

設定にもよりますが、初期状態ではメールアドレスになることが多いです。

メール メッセージの送信元

送信元アドレスをアカウントのものにするか、

共有メールボックスなどの別アカウントにするかを選択します。

「その他のメールボックス」の場合は追加で利用するアカウントを指定します。

宛先、CC、BCC

送信先のメールアドレスを指定します。複数ある場合は;(セミコロン)で区切ります。

件名、本文

メールのタイトルと本文をテキストで指定します。

本文はHTMLです

HTMLメールとして送信する場合はONにします。

添付ファイル

添付ファイルを、ファイルフォルダーのパス(テキスト)か変数で指定します。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

関連記事

「Outlook」の使い方の記事一覧