【新人SE&学生さん向けコラム】システムエンジニアの超汎用スキル・Excelのすすめ

2021年10月22日

システムエンジニアはプログラミングなどの専門スキル以外にも

実務で必要とされるスキルが複数存在します。

その中に筆頭クラスのMicrosoft Excelについて解説します。

解説

なぜExcelが重要かというとまず最初に挙げられるのが

どの企業のパソコンにもほぼ確実にインストールされていることです。

特に受託開発の企業の場合、顧客企業に常駐することが多く

配属プロジェクトが変わることも多いです。

(システム開発そのものが期限のある仕事のため)

その際にはプログラム言語その他もガラッと変わり、

共通スキルがExcelだけということも珍しくありません。

そして実務で活用できる範囲が広いことも特徴です。

  • バグなどの調査
  • ドキュメンテーション(書類作成)
  • 数式で簡易ツール開発

そのような事情から新人システムエンジニアさんや

IT業界を志望する学生さんにはExcelの習得を推奨します。

以下、具体的な実務の話をしていきます。

バグなどの調査

情報システムは一度、開発して終わりではなく保守というものがあります。

稼働後のシステムを改修したり、異常が発生した際に修復を行う仕事です。

普通に進めば開発よりも保守の期間の方が長くなり、

その中で調査が頻繁に発生します。(開発中でもそれなりに発生しますが)

調査は具体的にはSQLでデータベースから値を取り出した結果や

ログファイルの情報を整理して何らかの結論を求めます。

その整理の過程でピボットテーブル

各種関数を活用すると効率的に調査が進むことが多いです。

関数はXLOOKUPFINDLEFT、MID、RIGHTIFIFSSUBSTITUTE

LENEXACTTEXTASCJISLETなどを活用する頻度が高いです。

そういった調査の効率化という面から

Excelの習得はシステムエンジニアの重要なスキルとなります。

ドキュメンテーション(書類作成)

ITの仕事はExcelで書類を作成する機会が多発します。

実はWordよりもExcelを使うことが多いです。

設計書すらExcelの場合があります。(賛否両論ありますが)

私個人としては専用のドキュメントツールの方が良いと思いますが、

納品先の顧客がそれに対応していないことも多く、

Excelの図などを描く記述能力の高さもあって

設計書がExcelということがよくありました。

そのため資料作成の効率化・品質向上という面からも

Excelの習得はシステムエンジニアの重要なスキルとなります。

数式で簡易ツール開発

繰り返しの必要ないプログラムならある程度、Excel数式で実現できるため

軽いツールであればExcelの数式でツールにしてしまうケースも多く発生します。

また何らかの申請用のドキュメントなどのテンプレートに組み込む機会も多いです。

もし数式では難しい場合はユーザ定義関数を作ることを検討します。

ユーザ定義関数が適切でないのであれば、

いっそマクロを使うよりPHP、Ruby、Pythonなどのスクリプト言語で

ツールを作る方がより効率的で後々、メンテナンスしやすいものになります。

そのため日々の業務効率化や品質向上という面からも

Excelの習得はシステムエンジニアの重要なスキルとなります。

関連記事

次の記事:IT業界の就職先企業について

記事一覧 新人SE&学生さん向けコラム