【新人SE&学生さん向けコラム】ITはブラックなオワコンか?

2021年11月3日

IT業界への就職や転職を考えている人向けに、

この業界に就職していいかを解説します。

解説

結論から言うとITについて自分が向いていると感じたり、

ITへの興味が深ければ目指すことを推奨します。

よくブラックだとオワコンだの言われIT業界ですが

そういう部分はありますが、まだ限定的でネタに出来るくらいのレベルとも言えます。

(本当にブラックな業界は他に沢山…)

日本的IT受託開発やSIはオワコンに向かうがまだ終わらない

昭和の香りがする日本的IT業界は確かに斜陽で私も脱SIした人間です。

日本特有のITゼネコン構造は業界どころか国家自体の衰退を担っており、

デジタル庁もその構造から脱却を考えているようです。

(トップの理想はそうですが官僚とゼネコン企業の思惑は別)

まだ息はしていますが、既得権益者(官僚とゼネコン上位の企業)が勝つ場合

長期的には外国のIT企業に勝てなくなり、

全滅はしないでしょうがITの仕事が外国に奪われていきます。

(その方向に主導した日本の老人方は逃げ切り、若者を犠牲にしますが)

とはいえまだ日本国内ではそういったIT企業が主流であり

新卒でも入りやすく中規模以降では人材教育をちゃんと実施するため

(それをしなくなったら本気でオワコンですが)

長期的にベンチャーや外国企業に転職する前提で入ってみるのはおすすめです。

プログラミングやシステム開発のスキルは

きっちり身に着ければどうなっても日本がオワコンになっても通じるでしょう。

残業時間は多いイメージがありますが、実際はそうでもなく

平時で0~10時間、プロジェクトの佳境のような

多い時期で20~40時間というイメージです。(会社によると思いますが)

ただし零細企業ではその限りではありません。

零細はブラックになりやすい

IT業界に行く場合、ゼネコン構造末端の零細は推奨しません。

(何か独自サービスがあるようなベンチャーは別です)

その多くは人材教育も行わずブラック労働に使い潰すだけの存在です。

2次請けレベルはマシな方ですが、3次請け以降は金を抜かれに抜かれ

人材としても競争力の低い作業が回されがちになります。

そういう零細は本当にオワコンでブラックなので避けたいところです。

業界の性質だけで選ぶのは非推奨

衰退する日本の中でマシな業界という理由だけで目指すのは推奨しません。

実際にプログラミングや基本情報技術者試験の勉強をしたうえで、

興味や面白さを感じた場合のみ推奨します。

そのあたりの適性がないと本気でブラックになります。

自分の所属会社がブラックなオワコンだと思ったら…

皆様。昭和(とその延長の平成)でなく、令和を生きましょう。

関連記事

記事一覧 新人SE&学生さん向けコラム