Power Automate アレイ内の数値の件数・合計・平均・最大・最小を取得

Power Automateでアレイ内の数値の件数・合計・平均・最大・最小を取得する方法を紹介します。

手順

どの場合でも最初に何らかの方法で整数のアレイを用意します。

最大

式でmax関数を利用します。

今回の例では次のような式になります。

max(variables('アレイ変数'))

最小

式でmin関数を利用します。

今回の例では次のような式になります。

min(variables('アレイ変数'))

件数

式でlength関数を利用します。

今回の例では次のような式になります。

length(variables('アレイ変数'))

合計

合計用の変数を初期値0で用意しておき、

アレイの内容を「Apply to each」で繰り返して

現在のアイテムを「変数の値を増やす」で加算していきます。

繰り返しが終了すると合計値になります。

平均

前述の合計を件数で割ります。割り算はdiv関数で行います。

今回の例では次のような式になります。

div(variables('合計'),length(variables('アレイ変数')))

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:800ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

実用例の記事一覧

Desktop版での方法