Power Automate Desktop 指定ファイルが存在していない場合の対処方法

何かのファイルを読み込むアクションを利用する場合、

対象のファイルが存在しない場合、都合が悪く対処が必要な場合があります。

対処方法

存在をチェックする

ファイルが存在する場合」アクションで事前を設置して存在チェックします。

利用者への通知をしたい場合は「ファイルが次の場合」を「存在しない」を選択し

チェックするファイルパスを指定します。

その下に利用者への通知アクションを設置しません。

そして逆の「ファイルが次の場合」を「存在する」を選択し

ファイルを利用するアクションを設置します。

ファイルが存在しない場合は「ファイルの選択ダイアログを表示」で

別のファイルを指定してもらうのも有効です。

ファイルが作成されるまで待つ

時間差でファイルが作成される可能性がある場合は「ファイルを待機します」を設置し

「ファイルの次の状態を待機します」を「削除済み」に設定します。

これによりファイルが作成されるまで待つ状態になります。

エラー(例外)処理を利用

エラー(例外)処理を利用してもある程度可能です。

ブロックエラー発生時を設置して「フロー実行を続行する」、

例外処理モードを「ブロックの末尾に移動する」に設定します。

次のように設置するとファイルが存在しない場合は後続の処理を行いません。

ブロックの外、4以降の部分は行われます。

エラー(例外)処理では手間とアクションは少なめですが、

存在をチェックするフローの方が分かりやすく作りやすいです。

エラー(例外)処理はエラーの種類を絞らなければ

それ以外のエラーも拾えるため(ファイルがロックされていて開けないなど)

そういった特殊ケースへの対処向けです。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,700ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

実用例の記事一覧