Power Automate Desktop Excel-PDFの変換

Excel-PDFの相互変換する手順を紹介します。

手順

ExcelからPDFへの変換

現状、ExcelからPDFへの変換を行うアクションは存在しないためVBScriptを利用して設定します。

それには「VBScriptの実行」を設置します。

「実行するVBScript」には次のコードを指定します。

Dim xls, book, sheet, sheetName, srcFile, dstFile

' 変換元のExcelファイルを指定
srcFile = "C:\Test\Test.xlsx"

' 変換元のシート名を指定'
sheetName = "Sheet1"

' 変換後のPDFファイルを指定
dstFile = "C:\Test\Test.pdf"

Set xls = CreateObject("Excel.Application")
Set book = xls.Workbooks.open(srcFile)

Set sheet = xls.Sheets(sheetName)
sheet.Activate

xls.ActiveSheet.ExportAsFixedFormat 0,dstFile,0,1,0,,,0

book.Close
xls.Quit

PDFからExcelへの変換

PDF からテキストを抽出」でPDF内のテキスト情報、

あるいは「PDFからテーブルを抽出する」でPDF内の表を取得し、

その生成された変数を「Excel ワークシートに書き込み」で

Excelブックに書き込めば完了です。

現状、PDFから情報を読み出すアクションは癖が強いため、

同じフォーマットのPDFが定期的に

受け取るような場合でないと効率が悪いです。

Power Automate Desktopを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,700ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

活用事例集