Excel 関数の記事一覧

2019年7月19日

目次

概要

Excelの関数の仕様と使い方の記事一覧です。

利用頻度の高い重要な関数の記事には

先頭に☆を付けています。

☆関数な基本的な使い方

リンク

一覧

数学/三角

割り算の結果の整数部を取得(QUOTIENT関数)

リンク

割り算の結果の余りを取得(MOD関数)

リンク

☆数値の四捨五入/切り上げ/切り捨て方法(ROUND関数)

リンク

☆指定値の倍数で切り上げ/切り捨て(CEILING関数とFLOOR関数)

リンク

足し算と掛け算をまとめて行う(SUMPRODUCT関数)

リンク

表示されている値のみ集計(SUBTOTAL関数)

リンク

検索条件に一致するセルの値を合計(SUMIF関数)

リンク

複数の条件に一致するセルの値を合計(SUMIFS関数)

リンク

絶対値と符合を取得(ABS関数とSIGN関数)

リンク

最大公約数を取得(GCD関数)

リンク

最小公倍数を取得(LCM関数)

リンク

ローマ数字を算用数字(インド・アラビア数字)に変換する(ARABIC関数)

リンク

数値(算用数字、インド・アラビア数字)をローマ数字に変換する(ROMAN関数)

リンク

統計

検索条件に一致するセルの値の平均(AVERAGEIF関数)

リンク

複数の条件に一致するセルの値の平均(AVERAGEIFS関数)

リンク

検索条件に一致するセルの件数を取得(COUNTIF関数)

リンク

複数の条件に一致するセルの件数を取得(COUNTIFS関数)

リンク

複数の条件に一致するセルの中の最大値を取得(MAXIFS関数)

リンク

複数の条件に一致するセルの中の最小値を取得(MINIFS関数)

リンク

☆中央値を取得(MEDIAN関数)

リンク

最頻値(現れる頻度が最も高い数値)を取得(MODE.SNGL関数、MODE.MULT関数)

リンク

区間に含まれる数値の個数を取得し度数分布表を作成(FREQUENCY関数)

リンク

標準偏差を取得(STDEV.P関数)

リンク

範囲内の順位を取得(RANK関数)

リンク

順位に該当する数値を取得(LARGE関数、SMALL関数)

リンク

文字列操作

☆文字列を切り出す(LEFT/MID/RIGHT関数)

リンク

左・右よりバイト数を指定して文字列を切り出す(LEFTB/MIDB/RIGHTB関数)

リンク

☆指定の文字が何文字目にあるかを調べる (FIND関数)

リンク

指定の文字が何バイト目にあるかを調べる (FINDB関数)

リンク

☆特定の文字列を置換(SUBSTITUTE関数)

リンク

指定した文字位置&文字数を文字列を置換(REPLACE関数)

リンク

文字列の長さ(文字数)を取得(LEN関数)

リンク

文字列の長さ(バイト数)を取得(LENB関数)

リンク

文字の数値コードを取得(CODE関数)

リンク

数値コードに対応する文字を取得(CHAR関数)

リンク

単語間のスペースを1つ残して、単語間と前後の不要なスペースを削除(TRIM関数)

リンク

印刷出来ない文字を削除する(CLEAN関数)

リンク

2つの文字列が同じかを比較(EXACT関数)

リンク

文字列を連結する(CONCATENATE関数)

リンク

文字列を連結する(CONCAT関数)

リンク

数値・日付に表示形式コード(ユーザー定義書式)を適用した文字列を取得(TEXT関数)

リンク

文字列で入力された数値や日時を数値(日時のシリアル値)データに変換(VALUE関数)

リンク

区切り文字を指定し文字列を連結(TEXTJOIN関数)

リンク

数値を指定桁数で四捨五入し、カンマ区切りの書式設定した文字列に変換(FIXED関数)

リンク

全角文字を半角文字に変換(ASC関数)

リンク

半角文字を全角文字に変換(JIS関数)

リンク

数値を円(¥)形式の文字列に変換(YEN関数)

リンク

数値をドル($)形式の文字列に変換(DOLLAR関数)

リンク

数値をバーツ(タイの通貨)形式の文字列に変換(BAHTTEXT関数)

リンク

様々な言語圏の数字表記(小数点やカンマ)の文字列を数値に変換(NUMBERVALUE関数)

リンク

指定した文字列を指定回数繰り返した文字列を取得(REPT関数)

リンク

数値に対応するUnicodeの文字を取得(UNICHAR関数)

リンク

文字に対応するUnicode番号を取得(UNICODE関数)

リンク

日付/時刻

2つの日付の間の日数を取得(DAYS関数)

リンク

☆日時データより年月日時分秒を抽出する関数(YEAR、MONTH、DAY、HOUR、MINUTE、SECOND)

リンク

☆当日の日付を取得する(TODAY関数)

リンク

現在の日時を取得する(NOW関数)

リンク

☆日付に対応する曜日を取得(WEEKDAY関数)

リンク

日付がその年の中で何週目かを取得(WEEKNUM関数,ISOWEEKNUM関数)

リンク

指定日数(営業日・稼働日)後の日付を取得(WORKDAY関数)

リンク

指定期間の日数(営業日・稼働日)を取得(NETWORKDAYS関数)

リンク

月末の日付を取得(EOMONTH関数)

リンク

年、月、日を指定して日付(シリアル値)を取得(DATE関数)

リンク

時、分、秒を指定して時刻(シリアル値)を取得(TIME関数)

リンク

文字列の時刻をシリアル値に変換(TIMEVALUE関数)

リンク

文字列の日付をシリアル値に変換(DATEVALUE関数)

リンク

指定月後の日付を月末日を考慮して計算(EDATE関数)

リンク

2つの日付の期間の1年間に占める割合を取得(YEARFRAC関数)

リンク

1年を360日(12か月×30日)として2つの日付の期間(日数)を取得する(DAYS360関数)

リンク

検索/行列

セル番地や値の検索に関わる関数です。

☆数値や文字列を検索し一致するものを取得(VLOOKUP関数)

IF関数と共にExcelの有用性を一気に向上させる関数です。

リンク

セルの列と行の位置を取得(ROW関数とCOLUMN関数)

リンク

指定した範囲の行と列に対応する値を取得(INDEX関数)

リンク

基準セルからの距離、高さと幅を指定してセルの内容を取得(OFFSET関数)

リンク

検索値に対応するセルの相対的な位置を取得(MATCH関数)

リンク

文字列による柔軟なセル指定を行う(INDIRECT関数)

リンク

Webページやディスク上のファイルへジャンプするハイパーリンクを設定(HYPERLINK関数)

リンク

指定セルの数式を表示する(FORMULATEXT関数)

リンク

論理

特定の値同士を比較し、

特定の条件に合うか(TRUE)、

合わないか(FALSE)を

判定する論理式に関わる関数です。

☆条件によって結果を変える(IF関数)

VLOOKUP関数と共にExcelの有用性を一気に向上させる関数です。

リンク

複数の条件を指定し最初に合致する条件に対応する値を取得(IFS関数)

リンク

エラー時の挙動を設定する(IFERROR関数、IFNA関数)

リンク

☆IF関数や条件付き書式に複数の条件を「条件Aまたは条件B」、「条件Aかつ条件B」で指定する方法(AND関数、OR関数)

リンク

複数条件の排他的論理和を取得(XOR関数)

リンク

判定式の結果(論理値)を反転させる(NOT関数)

リンク

1~254までに対応する値を表示(CHOOSE関数)

リンク

指定値に一致する最初の結果を表示(SWICTH関数)

リンク

情報

エラー判定関数(ERROR.TYPE関数、ISERROR関数、ISERR関数、ISNA関数)

リンク

Excel エラー判定以外の判定関数( ISBLANK関数,ISFORMULA関数,ISREF関数,ISTEXT関数,ISNONTEXT関数,ISLOGICAL関数,ISNUMBER関数,ISODD関数,ISEVEN関数)

リンク

漢字のふりがな機能の説明とPHONETIC関数

リンク

セルの様々な情報を取得(CELL関数)

リンク

動作環境についての情報を取得(INFO関数)

リンク

N/Aエラーを発生させる(NA関数)

リンク

指定シートの番号を取得(SHEET関数)

リンク

ワークシートの枚数を取得(SHEETS関数)

リンク

データ型を取得(TYPE関数)

リンク

Web

URLを指定してデータを取得(WEBSERVICE関数)

リンク

URLエンコードした文字列に変換(ENCODEURL関数)

リンク

XMLにXPathを指定してデータを取得(FILTERXML関数)

リンク

関連記事

初心者向け記事一覧

リンク