Power Automate 「チャットまたはチャネルでメッセージを投稿する(Microsoft Teams)」アクション

任意のタイミングでTeamsのチャットに投稿するアクションです。

メールの代わり、または併用で何らかの条件で通知する用途に利用します。

メッセージを投稿する(Microsoft Teams)」が非推奨になっており、

その最新版のアクションです。

利用方法

フローにステップを追加する際に「Microsoft Teams」コネクタを選択します。

「Microsoft Teams」コネクタを選択

「アクション」より「チャットまたはチャネルでメッセージを投稿する」を選択します

「チャットまたはチャネルでメッセージを投稿する」ステップが

追加されるのでパラメーターを設定します。

項目省略時の値説明
投稿者省略不可フローボットの場合、Power Automate専用のユーザで投稿します。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-159.png
ユーザの場合、コネクタのログインユーザで投稿します。
投稿先省略不可投稿先が「チャネル」か
「グループチャット」(会議チャットなど)を選択します。
ここの設定する項目が変わります。
メッセージ省略不可投稿の本文を指定します。
件名空白件名を指定します。
「投稿者」が「ユーザ」でかつ
「投稿先」が「チャネル」の場合に指定可能です。

利用頻度は低めですが、
Teamsの投稿画面で書式を指定する場合に表示されます。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-61.png
投稿先共通のパラメーター
投稿先がチャネルの場合
項目省略時の値説明
チーム省略不可投稿するチームを選択します。
チャネル省略不可投稿するチャネルを選択します。
「一般」チャネルは「General」と表示されます。
投稿先がチャネルの場合
投稿先がグループチャットの場合
項目省略時の値説明
グループチャット省略不可会議チャットなどアクセス可能な投稿先チャットを選択します。
投稿先がチャネルの場合

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1200ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

「Microsoft Teams」の記事一覧