Power Automate トリガーの使い方の記事一覧

2021年2月18日

トリガーとはコネクタ(サービス)の何らかのイベント(メール受信やファイル更新など)により

ツール(自動化されたクラウドフロー)を起動させるための仕組みです。

この記事はトリガーの使い方の記事一覧です。

記事一覧

Offce365 Outlook

トリガー名重要度概要
新しいメールが届いたときメールを受信したときにフローを起動します。
(即時起動ではなくタイムラグがあります)
件名やアドレスなど起動条件を指定します。
動的コンテンツとして後続で利用するメッセージIDや
メールの件名や本文などの情報を取得します。
メールにフラグが設定されたときメールにフラグが設定されたときにフローを起動します。
(即時起動ではなくタイムラグがあります)
件名やアドレスなど起動条件を指定します。
動的コンテンツとして後続で利用するメッセージIDや
メールの件名や本文などの情報を取得します。
新しいイベントが作成されたとき予定が新規作成されたときにフローを起動します。
(即時起動ではなくタイムラグがあります)
監視する予定表を指定します。
動的コンテンツとして後続で利用するイベントIDや
予定の件名や本文、出席者などの情報を取得します。
イベントが変更されたとき予定の内容が更新されたときにフローを起動します。
(即時起動ではなくタイムラグがあります)
監視する予定表を指定します。
動的コンテンツとして後続で利用するイベントIDや
予定の件名や本文、出席者などの情報を取得します。

OneDrive For Business

トリガー名重要度概要
ファイルが作成されたとき指定ディレクトリにファイルが新規作成された際にフローを起動し、対象ファイルの内容(ファイルコンテンツ)を取得。
ファイルが作成されたとき(プロパティのみ)指定ディレクトリにファイルが新規作成された際にフローを起動し、対象ファイルの付加情報(メタデータ)を取得。
ファイルが変更されたとき指定ディレクトリにファイルが更新された際にフローを起動し、対象ファイルの内容(ファイルコンテンツ)を取得。
ファイルが変更されたとき(プロパティのみ)指定ディレクトリにファイルが更新された際にフローを起動し、対象ファイルの付加情報(メタデータ)を取得。
選択したファイルの場合OneDriveでファイルを指定してフローを起動。
ファイルIDを取れないので使いづらいです。

Excel Online (Business)

トリガー名重要度概要
選択した行テーブルの指定行に対して任意のタイミングでフローを起動。
ExcelへのMicrosoft Flowアドインの導入が必要(導入手順も紹介)

Twitter

トリガー名重要度概要
新しいツイートが投稿されたら定期的にツイートをテキスト検索し、
一致するものを取得します。
ツイートの検索を予定フローで実施する方が推奨です。

Gmail

トリガー名重要度概要
新しいメールが届いたときGmailを受信したときにフローを起動します。
(即時起動ではなくタイムラグがあります)
件名やアドレスなど起動条件を指定します。
動的コンテンツとして後続で利用するメッセージIDや
メールの件名や本文などの情報を取得します。

Googleカレンダー

共通事項

  • 即時起動ではなくタイムラグがあります。
  • 検知対象とするカレンダーを指定します。
  • 動的コンテンツとして後続で利用するカレンダーIDやタイトルや日時などの情報を取得します。
トリガー名重要度概要
イベントがカレンダーに追加されたときGoogleカレンダーに予定が追加されたときに
フローを起動します。
カレンダーのイベントが更新されたときGoogleカレンダーの予定が変更されたときに
フローを起動します。
カレンダーからイベントが削除されたときGoogleカレンダーの予定が削除されたときに
フローを起動します。
カレンダーでイベントが追加、更新、削除されたときGoogleカレンダーの予定が追加・更新・削除されたときにフローを起動します。
イベントの開始時Googleカレンダーの予定が開始されたときに
フローを起動します。

タイムラグが致命的であり更にGoogleカレンダー自体に
通知機能が充実しているため利用頻度は低いです。

Microsoft Forms

トリガー名重要度概要
新しい応答が送信されるときFormsに回答が入力されたときにフローを起動します。
取得出来るのはIDのみのため後続のステップで
応答の詳細を取得するが必要です。

SharePoint

トリガー名重要度概要
項目が作成されたときSharePointのリストに項目が作成されたときにフローを起動します。
作成したユーザの情報と入力内容を取得します。
アイテムが作成または変更されたときSharePointのリストに項目が作成・更新されたときにフローを起動します。
作成・更新したユーザの情報と入力内容を取得します。
項目が削除されたときSharePointのリストから項目が削除されたときにフローを起動します。
削除したユーザの情報と削除された項目のタイトルを取得します。
フォルダー内にファイルが作成されたときSharePointドキュメント上の指定フォルダーにファイルが新規作成されたときにフローを起動します。
ファイルコンテンツ(ファイルの内容)を取得します。
このトリガーは指定フォルダーのサブフォルダーは検知対象としません。
フォルダー内でファイルが作成または変更されたときSharePointドキュメント上の指定フォルダーにファイルが新規作成または更新されたときにフローを起動します。
ファイルコンテンツ(ファイルの内容)を取得します。
このトリガーは指定フォルダーのサブフォルダーは検知対象としません。
ファイルが作成されたとき(プロパティのみ)SharePoint上の指定フォルダーにファイル・フォルダーが新規作成されたときにフローを起動します。
新規作成されたファイル・フォルダーのメタデータ(付加情報)を取得します。
指定フォルダーのサブフォルダーも検知対象とします。
ファイルが作成または変更されたとき (プロパティのみ)SharePoint上の指定フォルダーにファイル・フォルダーが新規作成または更新されたときにフローを起動します。
新規作成または更新されたファイル・フォルダーのメタデータ(付加情報)を取得します。
指定フォルダーのサブフォルダーも検知対象とします。
ファイルが削除されたときSharePoint上の指定フォルダーにファイル・フォルダーが削除されたときにフローを起動します。
削除されたファイル・フォルダーのメタデータ(付加情報)を取得します。
指定フォルダーのサブフォルダーも検知対象とします。

Microsoft Teams

トリガー名重要度概要
チャネルに新しいメッセージが追加されたときTeamsの指定チャットに投稿された際に起動するトリガーです。
動的なコンテンツとして投稿の本文や投稿者の情報などを取得します。
チャネルのメッセージで自分がメンションされているときTeamsの指定チャットにコネクタのログインユーザーへのメンションが発生した際に起動するトリガーです。
動的なコンテンツとして投稿の本文や投稿者の情報などを取得します。
新しいチーム メンバーが追加されたときTeamsの指定チームにメンバーが追加された際に起動するトリガーです。
動的なコンテンツとして追加されたユーザーのIDを取得します。
新しいチーム メンバーを削除したときTeamsの指定チームからメンバーが削除された際に起動するトリガーです。
動的なコンテンツとして削除されたユーザーのIDを取得します。

Planner

トリガー名重要度概要
新しいタスクが作成される場合指定プランタスクが新規作成された時に起動します。
動的なコンテンツとしてタスク内容や作成者の情報を取得します。
タスクが自分に割り当てられるときタスクの担当者としてコネクタのログインユーザが
割り当てられた時に起動します。
タスク作成時に割り当てられても、既存タスクに割り当てられても起動します。
的なコンテンツとしてタスク内容や作成者の情報を取得します。
タスクが完了したとき指定プランの所属タスクの進行状況が完了済みになった時に起動します。
動的なコンテンツとしてタスク内容や作成者の情報を取得します。

Office 365 ユーザー

なし