Power Automate 変換関数の記事一覧

2022年4月27日

記事一覧

関数名重要度概要
array1つのテキストや数値を配列(アレイ)に変換します。
1つの値から要素が1つの配列(アレイ)
作ることが稀なため利用頻度の低い関数です。
base64テキストをBase64
(メール送信などのためにデータをテキストで表現する形式)
に変換(エンコード)する関数です。
不要な機能ではありませんが、Base64への変換が必要な場面は稀です。
(ただし技術職であれば利用する可能性が上がります)
base64ToStringBase64(メール送信などのためにデータをテキストで表現する形式)に
変換されているテキストを元に戻す(デコードする)関数です。
(ただし技術職であれば利用する可能性が上がります)
bool数値や特定のテキストをブール値に変換する関数です。
何らかのアプリケーションからファイルを取り込んだ時に
テキストや数値になっているブール値を変換する用途が主です。
createArray任意の値から配列(アレイ)を作成する関数です。
decodeUriComponentURLエンコードされているテキストをURLエンコードのない形式のテキストに変換します。
float数字と小数点のみのテキストを小数型のデータに変換します。
何らかのアプリケーションからファイルを取り込んだ時に頻繁に利用されます。
int数字のテキストを整数型のデータに変換します。
何らかのアプリケーションからファイルを取り込んだ時に頻繁に利用されます。
string数値や配列(アレイ)などテキスト以外のデータをテキストに変換します。
主に何らかのアプリケーションからファイルを取り込む際や、
テキストファイルにデータを保存する際に利用します。
uriComponent指定テキストをURLエンコードします。

Power Automateを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1200ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方から各トリガー/アクションの詳細な使い方、

頻出テクニック、実用例を紹介。(目次

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。(更新履歴

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

Power Automate 関数の記事一覧