Power Automate Desktop 「システム」の使い方の記事一覧

2021年9月21日

記事一覧

重要度について

筆者の主観で以下のようにランク付けしています。

重要度概要
利用頻度が高く、どのようなものか把握しておく方が良い機能。
高に比べて利用頻度が低めの機能。
以下のいずれかの理由で、どのようなものか把握が不要な機能
・著しく利用頻度の低い機能
・他に良い選択肢がある機能
・利用するとフローが複雑(式の多用など)になるため非推奨な機能

アクション

アクション名重要度概要
アプリケーションの実行指定アプリケーション(実行ファイルのパス)を指定します。
DOS コマンドの実行DOS コマンドまたはコンソール アプリケーションを
非表示モードで実行して、その出力を取得します。
若干、専門知識が必要な部分があるため利用難度が高いです。
VBScriptの実行任意のVBScriptを実行するアクションです。
既存のVBScript流用などに有効です。
プロセスを終了する指定アプリケーションを起動させるアクションしますが
可能な限りアプリケーションの機能で終了することを推奨します。
ドキュメントの印刷任意のファイルを印刷します。
印刷可能な対象はページ記述言語(検証した限りではPDFとXPS)のファイルのみであり、
テキストファイルやExcelなどはそれぞれのアプリケーションで印刷する必要があるため、
このアクションを利用する頻度は低いと思われます。
既定のプリンターを取得現在、「既定のプリンター」に設定されているプリンター名(文字列)を取得します。
既定のプリンターを設定プリンター名をテキストで指定して「既定のプリンター」を変更します。