Power Automate 「Planner」の記事一覧

2021年2月18日

「Planner」コネクタ

トリガーアクションテンプレート関連の記事へのリンクです。

記事一覧

重要度について

筆者の主観で以下のようにランク付けしています。

重要度概要
そのコネクタにおいて中核。どのようなものか把握しておく方が良い機能。
利用頻度が低いか中核から離れているため、どのようなものか把握が不要な機能。
以下のいずれかの理由で、どのようなものか把握が不要な機能
・存在意義を見出せない機能
・他に良い選択肢がある機能
・利用するとフローが複雑(式の多用など)になるため非推奨な機能

トリガー

トリガー名重要度概要
新しいタスクが作成される場合指定プランタスクが新規作成された時に起動します。
動的なコンテンツとしてタスク内容や作成者の情報を取得します。
タスクが自分に割り当てられるときタスクの担当者としてコネクタのログインユーザが
割り当てられた時に起動します。
タスク作成時に割り当てられても、既存タスクに割り当てられても起動します。
的なコンテンツとしてタスク内容や作成者の情報を取得します。
タスクが完了したとき指定プランの所属タスクの進行状況が完了済みになった時に起動します。
動的なコンテンツとしてタスク内容や作成者の情報を取得します。

アクション

アクション名重要度概要
タスクの作成指定プランタスクを新規作成します。
動的なコンテンツとして作成したタスクの情報を取得します。
グループのプランを一覧表示指定グループに所属するプランの情報を動的なコンテンツとしてアレイ(配列)の形式で取得します。
タスクから担当者を削除する指定タスクから指定担当者を削除します。
動的なコンテンツとして担当者を削除したタスクの情報を取得します。
タスクを一覧表示します指定プランに所属するタスクの情報を動的なコンテンツとして(アレイ(配列)の形式で取得します。
タスクの更新指定タスクの内容を更新します。
動的なコンテンツとして更新したタスクの情報を取得します。
タスクの削除指定タスクを削除します。
タスクの詳細を取得する指定タスクの詳細情報を動的なコンテンツとして取得します。
詳細情報に該当するものはメモ、添付ファイル、チェックリストです。
タスクの詳細の更新指定タスクの詳細情報を更新します。
メモは容易ですが、添付ファイルとチェックリストは難しいです。
タスクを取得するタスクのIDを指定して情報を取得します。
IDが分かっている状況では
同時に他の情報を取得できていることが多いため
ファイルに保存しているIDを読み込むなどの
限られた状況でしか利用しません。
バケットを一覧表示する指定プランに所属するバケットの情報を動的なコンテンツとしてアレイ(配列)の形式で取得します。
バケットを作成する指定プランバケットを新規作成します。
動的なコンテンツとして作成したバケットの情報を取得します。
プランの詳細の取得プランのラベル名を取得するアクションです。
ただ、この記事を書いている時点では対象のラベルは6種類までで
更にラベル名を変更していないと取得できません。
マイ タスクを一覧表示する自分(コネクタのログインユーザー)が担当者として割り当てられているタスクの情報を動的なコンテンツとして(アレイ(配列)の形式で取得します。
担当者をタスクに追加する指定タスクに担当者を追加します。
Office365ユーザーIDかメールアドレスで指定します。

テンプレート

テンプレート名概要
Planner で新しいタスクが作成されたら Microsoft Teams にメッセージを投稿する指定プランにタスクが登録されると、Teamsのチャットに通知を送信します。