Power Automate Desktop 「クリップボード」の使い方の記事一覧

記事一覧

重要度について

筆者の主観で以下のようにランク付けしています。

重要度概要
利用頻度が高く、どのようなものか把握しておく方が良い機能。
高に比べて利用頻度が低めの機能。
以下のいずれかの理由で、どのようなものか把握が不要な機能
・著しく利用頻度の低い機能
・他に良い選択肢がある機能
・利用するとフローが複雑(式の多用など)になるため非推奨な機能

アクション

アクション名重要度概要
クリップボード テキストを設定指定のテキストをクリップボードに設定します。
現状、ペーストするアクションが存在しないので、
クリックやフォーカスを合わせるアクションでペースト先を選択し、
キーの送信」で {LControlKey}(v) を
送信します。(Ctrl+Vのショートカット実行です)
クリップボード テキストを取得コピーされている状態の内容を変数に取得します。
クリップボードの内容のクリアクリップボードの内容を消去します。