Windows 読み方の分からない字を入力する方法(IMEパッド)

例えば手書き資料の漢字を

入力する際に読み方が分からずに

入力できないことがあります。

(特に人名や地名)

そのような場合、IMEパッドを

使用すれば対処可能です。

この記事ではその使い方を紹介します。

手順

まずタスクバーから

IMEパッドを起動します。

ひらがな入力状態の場合は「あ」

IMEメニューを起動(ひらがな入力状態)

英数字入力状態の場合は「A」

IMEメニューを起動(英数字入力状態)

と表示されているので

これを右クリックします。

そして表示されるメニューから

「IMEパッド」を選択します。

IMEメニューよりIMEパッドを選択

IMEパッドが起動します。

IMEパッド起動。初期状態では手書き

手書きパッド

マウスで左側に文字を書くと

候補が表示される機能です。

手書きパッド

候補に近い順に表示されます。

漢字以外の記号にも対応しています。

今回は全称記号「∀」を入力しました。

ガンダムを知っていると

ターンエーと入力したくなりますが

作品限定の読み方です。

「すべて」や「しゅうごう」などと

入力しないと変換できません。

手書きパッドに文字を入力。

右側に表示される候補文字を

ダブルクリックすると入力されます。

また漢字にマウスを合わせると

読み方が表示されます。

手軽で便利ですが文字数が多くなってくると

認識が厳しくなってくるので

その場合は後述の機能を使いましょう。

文字一覧

文字カテゴリを選択して

それに該当する全ての文字が

候補として表示されます。

使い勝手は他に比べて劣るため

どうしても入力見つからないときの

最終手段とするのが良いでしょう。

文字一覧

総画数検索

画数を選択して該当する漢字を検索します。

漢字のみで記号やひらがなは対象外です。

手書きパッドで見つからなかったら

これを試してみましょう。

総画数

部首検索

部首を選択して該当する漢字を検索します。

漢字のみで記号やひらがなは対象外です。

手書きパッドで見つからなかったら

これを試してみましょう。

関連記事

マウスポインタを見失った場合の発見方法

フォローする