Excel IF関数で〇〇以上(より上)かつ〇〇以下(未満)の条件を指定する方法

上限と下限の両方がある論理式を

IF関数単独で組むことは出来ません。

この記事では上限と下限の

論理式を設定する方法を紹介します。

手順

まず方法が二つあります。

一つ目はIF関数とAND関数を使用する方法と

二つ目はIFS関数を使用する方法です。

それぞれ適切な場面が異なり下記の通りです。

IF関数とAND関数〇か×かなど結果が二つの場合
IFS関数ランク付けのように結果が複数の場合

IF関数とAND関数

例えば50点以上、80点未満に〇を付けて

該当しない場合、空白にする場合は

下記のような数式を設定します。

IF(AND(得点>=50,得点<80),"〇","")
IF関数とAND関数で50点以上、80点未満を実現する例

IF関数を入れ子にしても構いませんが、

数式が長く読みづらくなるため非推奨です。

IFS関数

ランク付けのように

複数の結果がある場合は

IFS関数を使用します。

得点ランク
80以上A
60以上B
40以上C
39未満再テスト
IF(得点>=80,"A",IF(得点>=60,"B",IF(得点>=40,"C","再テスト")))
IFS関数でランク付けを実現する例

関連記事

IF系関数の使い方・活用方法の記事一覧

フォローする