UiPath Excel シートをコピー アクティビティ

2020年11月2日

「シートをコピー」はUiPathでExcelのシートを複製するアクティビティです。

同一ブック内や他のファイルにシートを複製する際に使用します。

この記事ではその使い方と機能を紹介します。

アクティビティの使い方

まず「Excel アプリケーション スコープ」を設置し

ブックのパスに複製するシートがあるファイルを指定します。

そして「Excel アプリケーション スコープ」の中に「シートをコピー」をドロップします。

Excel アプリケーション スコープを設置して複製元シートのあるファイルを指定。次にExcel アプリケーション スコープの中にドロップ

その状態でプロパティを設定していきます。

プロパティ

共通

デザイナーパネル上の表示名を指定します。

表示名プロパティキャプチャ
デザイナーパネル上の表示名のキャプチャ

入力

所属するExcelアプリケーションスコープのブック中にあるシートから複製するシート名を

“で囲んで指定します。

シート名のキャプチャ

保存先

保存先のキャプチャ

コピー先を指定します。

項目名説明
コピー先のシート名複製先のシート名を指定します。
省略した場合、元シートの名前に(2)が付くなど
Excelのルールで名前が付けられます。
コピー先のファイル パス複製先のブックのパスを指定します。
省略すると所属するExcelアプリケーションスコープのブック内に複製します。
省略する場合、Excelアプリケーションスコープ
読み取り専用プロパティをオフする必要があります。
オンの場合、コピーの結果が保存されません。

その他

UiPathのログに引数や変数の値が表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみチェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事