UiPath Excel セルに書き込み アクティビティ

2020年5月30日

「セルに書き込み」はExcelブックに

値や数式を書き込むアクティビティです。

この記事ではその使い方と機能を紹介します。

アクティビティの使い方

Excel アプリケーション スコープ」を設置し

ブックのパスに書き込むファイルを指定します。

そして「Excel アプリケーション スコープ」の中に

「セルに書き込み」をドロップします。

「Excel アプリケーション スコープ」の中に「セルに書き込み」をドロップ

「セルに書き込み」を利用する場合は

Excel アプリケーション スコープ」 のプロパティを

下記のように設定する必要があります。

プロパティ設定値
自動保存チェックする。
チェックをしない場合は、
「ブックの保存」アクティビティで保存
読み込み専用チェックを外す
Excel アプリケーションプロパティの設定
Excel アプリケーションプロパティの設定

ここの設定が違うとブックに反映されません。

プロパティ

共通

表示名を設定します。

表示名のキャプチャ

表示名はデザイナーパネルに反映されます。

セルに書き込み」アクティビティが

一つであればそのままで良いですが

複数ある場合はどのセルに

どのような値を書き込むかを

名前として付けるようにしましょう。

保存先

書き込むシート名とセルアドレスを指定します。

範囲にはセルアドレスを指定しますが、

単独のセルを指定してもいいですし、

:を付けてセル範囲の指定も可能です。

保存先のキャプチャ

入力

書き込む値を"で囲んで指定します。

入力のキャプチャ

=で始めれば数式を入力することが可能です。

数式を書き込むキャプチャ

↓のように設定すると

A1~C1に1234を書き込み、

A2セルに1+3の数式を書き込みます。

A1~C1に1234を書き込み、A2セルに1+3の数式を書き込むキャプチャ
指定
セルに値を書き込んだ結果
結果

その他

UiPathのログに引数や変数の値が

表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみ

チェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事

UiPath Excel関連アクティビティの記事一覧