UiPath Excel 選択範囲を取得 アクティビティ

2020年11月1日

「選択範囲を取得」は選択されているセル範囲のアドレスを取得するアクティビティです。

この記事では使い方と機能を紹介します。

アクティビティの使い方

まず「Excel アプリケーション スコープ」を設置しブックのパスに読み込むファイルを指定します。

そして「Excel アプリケーション スコープ」の中に「選択範囲を取得」をドラッグします。

「Excel アプリケーション スコープ」の中に「選択範囲を取得」をドラッグする図解

「出力-範囲」プロパティに受け取り用のString型の変数を指定します。

「出力-範囲」プロパティに受け取り用のString型の変数を指定するプロパティ

この状態でツールを実行すると読み込んだブックの選択済みのセルアドレスが表示されます。

セルアドレスが表示されるメッセージボックスのキャプチャ

プロパティ

共通

表示名を設定します。

表示名のキャプチャ

表示名はデザイナーパネルに反映されます。

表示名がデザイナーパネルに表示されるキャプチャ

出力

選択されているセル範囲を受け取るString型変数を指定します。

出力のキャプチャ

その他

UiPathのログに引数や変数の値が表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみチェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事