UiPath Excel 行の挿入・削除 アクティビティ

2020年10月24日

「行の挿入・削除」は指定シートに行を追加または削除するアクティビティです。

この記事では使い方と機能を紹介します。

アクティビティの使い方

まず「利用可能」、「UI Automation」、「アプリの連携」、

「Excel」より「Excel アプリケーション スコープ」を設置し

ブックのパスに編集するファイルを指定します。

そして「Excel アプリケーション スコープ」の中に

「利用可能」、「UI Automation」、「アプリの連携」、

「Excel」、「処理」より「行の挿入・削除」をドラッグします。

「Excel アプリケーション スコープ」の中に「行の挿入・削除」をドラッグする図解

「保存先」と「入力」のプロパティを設定します。

この設定ではSheet1(シート名)の2行目(位置)に2行(行数)を挿入 (変更の種別) します。

「保存先」と「入力」のプロパティを設定する図解

この設定で下記のブックに対してツールを起動すると

行の追加対象ブックのキャプチャ

2行目に2行追加されて下記のようになります。

行追加の結果のキャプチャ

次に「変更の種別」をRemove(削除)に変更し実行します。

「変更の種別」をRemove(削除)に変更した図解

これにより2行目から2行削除されて元の状態に戻ります。

行の削除後のキャプチャ

プロパティ

共通

表示名を設定します。

表示名のキャプチャ

表示名はデザイナーパネルに反映されます。

表示名がデザイナーパネルに表示されるキャプチャ

初期状態で挿入と削除が両方入るので

片方を削除して挿入か削除かを明確にすることを推奨します。

複数ある場合はどの行に対しての操作かを明記するとより良い表示名になります。

入力

対象のシート名と挿入か削除かを指定します。

設定値内容
Add挿入
Remove削除
入力のキャプチャ

保存先

挿入・削除する位置と行数を指定します。

位置は1行目を1とした番号で指定します。

保存先のキャプチャ

その他

UiPathのログに引数や変数の値が表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみチェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事