UiPath 変数のデータ型変換の方法

この動画ではUiPathでデータ型を変換する方法を紹介します。

手順

文字列(String)から数値(Int32など)

Parseメソッドを使用します。

データ型.Parse(文字列)

0埋めの場合は0埋め抜きで変換されます。

文字列を整数に変換する代入
文字列を整数に変換した結果

DoubleなどInt32以外の数値型にも

Parseメソッドが存在するので

他の数値型でも同様に変換できます。

数値(Int32など)から文字列(String)

数値から文字列のToStringメソッドを使用します。

文字列変数.ToString
整数を文字列に変換する代入

Doubleなど整数以外の数値型でも同様です。

日付(DateTime)から文字列(String)

日付(DateTime)の場合もToStringメソッドを使用します。

日付変数.ToString

日付変数の規定値に使用したNowは当日の日付を取得します。

そのまま使うとロケールに依存し、

初期状態では英語圏の表示の文字列になります。

日付から文字列に変換した結果

ToStringメソッドの引数でフォーマットの文字列を指定すると

変換後の表記を調整可能です。

日付変数.ToString("yyyy/M/d")
日付から文字列に変換した結果(フォーマット指定)

下記がフォーマットの一例です。

フォーマット表示例
yyyy/M/d2020/2/3
yy/MM/dd20/2/3
yyyy/MM/dd2020/02/03
yyyyMMdd20200203
yyyy年MM月dd日2020年02月03日
yyyy/MM/dd HH:mm:ss.fff2020/02/03 19:22:32.670
yyyy/MM/dd tthh:mm:ss.fff2020/02/03 PM07:22:32.670
yyyyMMddHHmmssfff20200203192232670

少し追加の手順を踏めば和暦(元号)も表示可能です。

文字列(String)から日付(DateTime)

日付(DateTime)にもParseメソッドがあるので利用します。

DateTime.Parse(文字列)
文字列から日付に変換する代入

整数(Int32)から日付(DateTime)

年月日の数値を指定して日付(DateTime)を設定可能です。

New DateTime(, , )
整数から日付に変換する代入

指定する機会は少ないと思われますが、

時分秒ミリ秒も指定可能です。

New DateTime(, , , , , , ミリ秒)
整数から日付に変換する代入。ミリ秒まで

日付(DateTime)から年月日時分秒の整数(Int32)

DateTime型の各プロパティを利用してアクセスします。

日付変数.Year
日付変数.Month
日付変数.Day
日付変数.Hour
日付変数.Minute
日付変数.Second
日付変数.Millisecondミリ秒
日付変数.Date時分秒を削除して日付のみにしたDateTime

関連記事

UiPath 初心者向けの記事一覧

UiPath 日付(DateTime)を和暦(元号)で表示する方法