UiPath データテーブルをマージ アクティビティ

「データテーブルをマージ」は2つのデータテーブルを

統合するアクティビティです。

この記事では機能と使い方を紹介します。

アクティビティの使い方

「プログラミング」、「データテーブル」より

「データテーブルをマージ」を

デザイナーパネルの中にドロップします。

「プログラミング」、「データテーブル」より「データテーブルをマージ」をデザイナーパネルの中にドロップ

データの追加先と追加データのDataTable型の変数を用意し

プロパティのソース(追加データ)と保存先(追加先)に設定します。

このDataTable型は最初から変数の型に登録されています。

データの追加先と追加データのDataTable型の変数を用意しプロパティのソース(追加データ)と保存先(追加先)に設定

ソースと保存先の列の定義が同じであれば

このシーケンスを実行することにより

ソースの末尾に保存先のデータが追加されます。

保存先

№(Int32)名称(String)
1ハンバーガー
2フライドポテト

ソース

№(Int32)名称(String)
3チキンナゲット

シーケンス実行後の保存先

№(Int32)名称(String)
1ハンバーガー
2フライドポテト
3チキンナゲット

列の定義が異なる場合は

スキーマがない時の動作プロパティを設定します。

スキーマがない時の動作

Add

保存先とソースに存在する全ての列を残し、

空白データ(null)を補完します。

(既定値を設定していれば、その値)

保存先(価格が保存先にのみ存在)

№(Int32)名称(String)価格
1ハンバーガー300
2フライドポテト100

ソース(数量がソースにのみ存在)

№(Int32)名称(String)数量
3チキンナゲット10

この二つをマージすると保存先にのみ存在する価格も

ソースにのみ存在する数量も残り

値がない箇所は空白(null)で補完されます。

№(Int32)名称(String)価格数量
1ハンバーガー300
2フライドポテト100
3チキンナゲット10

空白(null)を不許可にしていて、

既定値を設定していなければ

空白データ(null)を補完出来ないので

これもエラーになります。

Ignore

ソースにのみ存在する列がある場合、

その列を無視します。

保存先(価格が保存先にのみ存在)

№(Int32)名称(String)価格
1ハンバーガー300
2フライドポテト100

ソース(数量がソースにのみ存在)

№(Int32)名称(String)数量
3チキンナゲット10

この二つの表をマージすると

保存先にのみ存在する価格は残りますが、

ソースにのみ存在する数量は無視されます。

№(Int32)名称(String)価格
1ハンバーガー300
2フライドポテト100
3チキンナゲット

Error

ソースと保存先で列の定義に違いがあれば

全てエラーになります。

プロパティ

共通

表示名
共通-表示名プロパティ

デザイナーパネルに反映されます。

デザイナーパネル上の表示

入力

ソース

追加データをDataTable型で指定します。

入力-ソースプロパティ
保存先

データの追加先をDataTable型で指定します。

入力-保存先プロパティ
スキーマがない時の動作

データテーブル間で列定義が異なる場合の挙動を選択します。

(詳細は先述)

入力-スキーマがない時の動作プロパティ

その他

プライベート

UiPathのログに引数や変数の値が

表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみ

チェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事

UiPath データテーブル関連の記事一覧