現役エンジニアが教える。おすすめのプログラミングスクールを特徴から徹底解説

2021年10月18日

近年の感染症の影響で

「手に職をつけたい」、「感染リスクを減らす為に在宅で働きたい」

という考えから、今プログラマーという職業に再注目されているようです。

実際にプログラミングスクールの問い合わせが

前年比の約1.5倍も増えた!というスクールもあるのだとか。

とはいえ、数多くのスクールがあるけれど、

どこのプログラミングスクールがおすすめなの?

と悩んでいる方も多いようで、

実際にこの記事に訪れたあなたもそんな悩みを抱えてきたのではないでしょうか。

そんなあなたの為にも本記事ではプログラミングスクールの特徴や学べる言語、

サポートなど知っておくべきことをエンジニアの目線から徹底解説いたします。

そもそもプログラミングスクールってどんなとこ?


プログラミングスクールとは、

IT業界に必要な技術やプログラミング言語に関する講座を受講できる学校のことで、

主に就職や転職、自身のスキルアップを目的として通う方が多いようです。

近年では小学校でもプログラミング教育が必須となった影響もあり、

プログラミングそのものに対する興味や知識欲で学ぶ方もいらっしゃるかもしれません。

また、一口にプログラミングスクールといってもプログラミング言語の種類はさまざま。

スクールによっても学ぶことができる言語はそれぞれ違ってきます。

「失敗しない」プログラミングスクールおすすめの選び方4ポイント!

いざプログラミングスクールに通い始めたという方も

ついていけなくてすぐに挫折してしまったなんて話もよく耳にします…。

そんな失敗をしない為にもプログラミングスクールのおすすめの選び方を

4つのポイントでご紹介いたします。

ぜひ参考にして自分にあったスクールを選んでくださいね。

まずはスクールに通う目的を明確にする

プログラミングスクールの選び方でよくある失敗は、

受講後にどのようにスキルを役立てるかをイメージできていないことにあります。

数多あるプログラミングスクールの中でスキルを取得した先(自分の目的)

に合ったスクールを選ぶことが大切です。

まずは以下の2点を意識して自分がスクールに通う目的を明確するといいかもしれません。

  • どんなエンジニアになりたいのかを明確にする
  • 自分の理想の就職先をイメージする

自分の学びたいプログラミング言語があるスクールを

スクールに通う目的が決まったら、

次は目的に必要なプログラミング言語を学べるスクールに絞りましょう。

プログラミングスクールによって得意とする言語が違う場合があるようです。

とはいえ、メジャーな言語についてはどのスクールも対応しているので、

違いが分からないという方は、

無料体験を活用して自分に合いそうだなーと思うスクールを選んでみるといいでしょう。

また、スクールによっては就職や転職までの支援を行っていますが、

自分の理想としている職種や希望先が選択できない場合もあります。言語だけでなく、

この辺も踏まえてスクールを選ぶといいかもしれませんね。

自分のライフスタイルにあった受講形態を選びましょう

プログラミングスクールの受講方法は、主に次の2パターンです。

・通学が必要な「オフラインタイプ

・インターネットで学べる「オンラインタイプ

今のご時世では、感染リスクを避けるためにも自宅で学べるオンラインタイプがあると安心です。

スクールによっては無料のオンライン学習サイトを公開しているスクールもあるので、

実際に確認して自分に向いているかどうかの判断するのもいいでしょう。

サポート体制がしっかりしているかも大切 

サポート体制がしっかりしているかもプログラミングスクールを選ぶ上では重要なポイントです。 

授業で学んだ言語が理解できず、つまずいてしまった、、、。 

という場合、マンツーマンで対面して教えてくれるのか、オンライン電話で対応してくれるのかあるいはチャットだけなのか。 

サポートの充実はモチベーション維持にも重要なポイントです。 

スクールによって様々なのでしっかりとチェックして選びましょう。 
 

現役エンジニアが選ぶプログラミングスクールおすすめ3選 

最短3か月でエンジニア転職「DMM WEBCAMP COMMIT」

DMM WEBCAMPでは、3ヶ月間の学習期間において基礎知識の習得から、

より実践的なチーム開発を経て、最終的には1人でオリジナルサービス開発まで行います。

より実務に近い形での開発経験を積むため、転職に直結したスキルを身につけることができます。

教室は土日祝日に関わらず毎日AM11:00〜PM11:00の時間帯を開放しており、

常駐講師がいるのでその場で質問をすることができます。

学習期間と学習内容

  • 1ヶ月目 自社の教材コンテンツ「DMM WEBCAMP」を用いた基礎知識を学習
  • 2ヶ月目 チーム開発を行うことで、より実践的な開発経験を積む
  • 3ヶ月目 学んだスキルを活かし、1人でWebサービスを開発する

資格キャリアアップ講座【ヒューマンアカデミー】

就職率90.7%、就職提携企業115社以上。

月々3,000円から、外出せずに自宅で学べるオンライン講座です。

人気言語のPythonコースをはじめ、希望の分野に沿った様々なラインナップを用意。

データベースやGithubなど、

実際の仕事に必要なスキルを目的の分野に合わせて組み合わせることができます。

また、厚生労働省 教育訓練給付金対象コースもあり、

受講料等の20%(最大10万円)が支給される教育訓練給付金対象コースもあります。

徹底指導のエンジニア転職【CodeCampGATE】

オンライン・マンツーマン指導のプログラミングスクールとして

No.1の実績を持つCodeCampが運営する未経験から最前線で活躍するエンジニアを目指す為のサービスです。

基礎学習を2ヶ月、実践開発を2ヶ月で即戦力を目指す計4ヶ月のコースです。

各受講生には専任のキャリアアドバイザーがつき、

プログラミングの習得だけではなく就職先の見極め方や応募書類の添削、面接対策などを提供します。

  • 実績No.1のオンライン・プログラミングスクール(受講者30,000名以上)が運営
  • レッスン満足度96.6%、現役エンジニアのマンツーマン指導で実践的なスキルが身につく
  • オンラインで日本全国、毎日/7時から23時開始まで対応。仕事や学業と両立できる
  • 専任のキャリアアドバイザーが就職成功まで手厚くフォロー
  • 専属エンジニアメンターが、実践的な開発スキルの向上から技術ポテンシャルを明確にする推薦状を作成

授業料が高くて受講できないという方は無料で学ぶ選択肢も 

いかがでしたでしょうか。 

ここまで読んで授業料が高くて受講できそうにない…。 

そんな方もまだ諦めるのは早いです! 

国の職業訓練制度を利用することで無料で学習できるだけでなく、 

通えば収入の何割かを保証してくれるといった一石二鳥の制度がございます。 

他にも最近では参考書・YouTube・学習サイト等 

独学で勉強できるコンテンツも増えていますので、自分にあった学習方法を選んでみてくださいね。