Power Automate Desktop「キーの送信」アクション

2021年7月14日

キーボード入力を行うアクションです。

テキスト入力を行うよりも(入力系のアクションは他にあるため)

ショートカットキーのような特定の操作のために利用することが多いアクションです。

利用方法

「アクション」の「マウスとキーボード」より「キーの送信」をドラッグします。

パラメータの設定画面が表示されるので値を指定します。

パラメータ

送信するテキスト

キー入力する文字列を指定します。

パスワードのような隠したい文字列の場合は「ダイレクト機密テキストの入力」にします。

特殊キーの挿入

方向キーやテンキー、ファンクションキーなどテキスト入力できない文字を指定する場合に利用します。

装飾キーの挿入

CtrlやALtなどを同時押しする場合に利用します。

キー入力の間隔の遅延

キー入力後の待ち時間を指定します。1文字入力ごとに待ちます。

テキストをハードウェアキーとして送信します

キー入力の方法を指定します。OFFで機能しない場合はONを試してみましょう。

エラー発生時

必須ではありませんが、必要があればエラー処理を行います。

関連記事

「マウスとキーボード」の使い方の記事一覧