Excel シートをまたぐ集計の方法 串刺し(3-D)集計

2021年11月6日

同一構成のシートが複数あり各シートの合計値などを算出したいケースが多々あります。

この記事では、それを実現する串刺し(3-D)集計の方法を紹介します。

シートの構成例

合計値などを表示したいシート
合計値などを表示したいシート

集計対象とのシートは構成が同じで今回の例ではC2セルを対象とします。

4月シート
4月シート
5月シート
5月シート
6月シート
6月シート

設定方法

集計関数の数式を用意します。

集計を表示したいシートに関数を入力

一つ目のシートに移動しセル指定します。

始端シートのセルを指定

その状態でshiftキーを押しながら、集計対象の最後のシート見出し(ここでは6月)をクリックします。

集計対象の末尾となるシートをshiftを押しながらクリック

その状態でEnterキーで式を確定させるとシートをまたぐ集計式が完成します。

集計の完成

この例では’4月:6月’という指定が出来ればよいので

タイピングの速い人は直に打ち込んでも構いません。

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、LAMBDA関数、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

初心者向け記事まとめ