Excel おすすめショートカット一覧

2019年4月9日

使い勝手の良いショートカットを紹介します。

全てを覚える必要はありません。

ショートカットキーそれぞれに

手に馴染む馴染まないの

個人差があるため試してみて

馴染むようであれば

常用するスタンスが良いでしょう。

代表的な機能

Ctrl F 検索のダイアログを表示
H 検索・置換のダイアログを表示
S ブックを保存
N ブックを新規作成
C コピー
X 切り取り
V ペースト
Y 直前の操作を繰り返す
Z 直前の操作を繰り返す
Esc   セルや数式バーの入力を取り消す

セルとシートの移動

Enter   下のセルに移動(↓キーと違い数式バーにフォーカスがあるときもセル移動)
Shift 上のセルに移動(↑キーと違い数式バーにフォーカスがあるときもセル移動)
Tab   右のセルに移動(右キーと違い数式バーにフォーカスがあるときもセル移動)
Shift 左のセルに移動(←キーと違い数式バーにフォーカスがあるときもセル移動)
Ctrl 入力データが続く限り先頭行に移動。入力データがない場合、シートの最も先頭行
入力データが続く限り末尾行に移動。入力データがない場合、シートの最も末尾行
入力データが続く限り左端行に移動。データがない場合、シートの最も左端行に移動
入力データが続く限り右端行に移動。データがない場合、シートの最も右端行に移動
Page Up 左のシートに移動
Page Down 右のシートに移動
End データが入力されている最後(最も右下)のセルに移動
Home A1セルに移動
Page Up   1画面分上にスクロール
Alt 1画面分左にスクロール
Page Down   1画面分上にスクロール
Alt 1画面分右にスクロール
F5   キー入力で移動先を指定するダイアログを表示

セル選択

Shift   選択範囲を上に1セル拡張
  選択範囲を下に1セル拡張
  選択範囲を左に1セル拡張
  選択範囲を右に1セル拡張
Home   選択範囲を先頭行まで拡張
Space   選択範囲を行全体に拡張。半角入力モードである必要があります。
Ctrl Shift 選択範囲をデータがある先頭行まで拡張
選択範囲をデータがある末尾行まで拡張
選択範囲をデータがある左端行まで拡張
選択範囲をデータがある右端行まで拡張
Home 選択範囲をA1セルまで拡張
End 選択範囲をデータが入力されている最も右下のセルまで拡張
Ctrl Space   選択範囲を行全体に拡張
A   シート全体を選択
Alt ;   選択範囲ないに表示セルがある場合、非表示セルを除外

セルとシートの操作

Shift F3   「関数の挿入」のダイアログを表示
F11   新規のワークシートを追加
Ctrl + Shift 「セルの挿入」のダイアログを表示
  「セルの削除」のダイアログを表示
D   現在のセルの一つ上のセルの書式とデータを、現在のセルに貼り付け
R   現在のセルの一つ左のセルの書式とデータを、現在のセルに貼り付け
Ctrl Shift & 外枠線を設定
_ 外枠線を削除

関連記事

初心者向け記事まとめ

フォローする