Excel データ入力と編集、元に戻す

2019年4月14日

データ入力、編集の操作について

基本的な事項を解説します。

操作手順

データ入力

データを入力したいセル(例ではB2)を

クリックしてアクティブセルにします。

アクティブセルは緑の太枠で囲まれ、

左上の名前ボックスに

セル番地(例ではB2)が表示されます。

B2をアクティブセルにする

文字を入力し、エンターキーで確定させれば

文字入力が完了します。

データ入力をエンターキーで確定

データ編集

データ編集にはセルの内容を

部分的に編集する方法と

全て書き換える上書きの

2種類が存在します。

部分的に編集

編集したいセルをダブルクリックするか、

編集したいセルをアクティブにし、

数式バーをクリックすると編集マークの

│が表示され部分的に編集・削除が可能です。

部分的に編集

編集の場合もエンターキーで

確定する必要があります。

部分編集をエンターキーで確定

上書き編集

データがあるセルに対して

データ入力時と同様に

アクティブセルの状態で

キー入力を行うと上書き編集されます。

元あった入力内容は削除されます。

上書き編集

元に戻す(操作キャンセル)

ショートカットキー

「Ctrl」キーと「Z」キーを同時押しすると

直前の操作をキャンセルし、

元の状態に戻すことができます。

逆にキャンセルした操作は

「Ctrl」キーと「Y」キーを同時押しで

やりなおすことができます。

クイックアクセスツールバー

Excel上部の丸まった矢印のボタンを押下しても

元に戻すこととやり直すことが行えます。

ボタンが表示されていなければ

ツールバー右のユーザ設定をチェックし

表示する必要があります。

クイックアクセスツールバーで元に戻す

関連記事

初心者向け記事一覧

フォローする