Excel データ入力と編集、元に戻す

2021年11月6日

この記事ではデータ入力、編集の操作について基本的な事項を解説します。

操作手順

データ入力

データを入力したいセル(例ではB2)をクリックしてアクティブセルにします。

アクティブセルは緑の太枠で囲まれ、左上の名前ボックスに

セル番地(例ではB2)が表示されます。

B2をアクティブセルにする

文字を入力し、エンターキーで確定させれば文字入力が完了します。

データ入力をエンターキーで確定

データ編集

データ編集にはセルの内容を部分的に編集する方法と

全て書き換える上書きの2種類が存在します。

部分的に編集

編集したいセルをダブルクリックするか、

編集したいセルをアクティブにし、

数式バーをクリックすると編集マークの

│が表示され部分的に編集・削除が可能です。

部分的に編集

編集の場合もエンターキーで確定する必要があります。

部分編集をエンターキーで確定

上書き編集

データがあるセルに対してデータ入力時と同様に

アクティブセルの状態でキー入力を行うと上書き編集されます。

元あった入力内容は削除されます。

上書き編集

元に戻す(操作キャンセル)

ショートカットキー

「Ctrl」キーと「Z」キーを同時押しすると

直前の操作をキャンセルし、元の状態に戻すことができます。

逆にキャンセルした操作は「Ctrl」キーと「Y」キーを同時押しで

やりなおすことができます。

クイックアクセスツールバー

Excel上部の丸まった矢印のボタンを押下しても

元に戻すこととやり直すことが行えます。

ボタンが表示されていなければ

ツールバー右のユーザ設定をチェックし表示する必要があります。

クイックアクセスツールバーで元に戻す

Excelを効果的に習得したい方へ

当サイトの情報を電子書籍用に読み易く整理したコンテンツを

買い切り1,250円またはKindle Unlimited (読み放題) で提供中です。

Word-A4サイズ:1,400ページの情報量で

(実際のページ数はデバイスで変わります)

基本的な使い方、関数の解説(140種類)、

頻出テクニックと実用例(109種類)、

XLOOKUP関数、LET関数、シートビュー、LAMBDA関数、スピルなど便利な新機能を紹介。

体系的に学びたい方は是非ご検討ください。

アップデートなどの更新事項があれば随時反映しています。

なお購入後に最新版をダウンロードするには

Amazonへの問い合わせが必要です。

関連記事

初心者向け記事一覧

Office スクリプト セルへの値の設定/セルからの値の取得