Excel 日付がその年の中で何週目かを取得(WEEKNUM関数,ISOWEEKNUM関数)

指定した日付が年の中で何週目かを

取得する関数にはWEEKNUMと

ISOWEEKNUMの2種類が存在します。

それぞれの仕様と違い、使い方を紹介します。

仕様

ISOWEEKNUM

ISOWEEKNUM関数(日付)
<日付>
週番号を取得する日付を指定します。

日付を指定するだけの単純な関数です。

ヨーロッパ式週番号システムという

ISOに規定されている形式です。

月曜日を週の始まりとし

その年の最初の木曜日を含む週を、

第1週として扱います。

この形式では年末年始でも常に

1週間=7日が維持されます。

WEEKNUM

WEEKNUM(日付,週の基準)
<日付>
週番号を取得する日付を指定します。
<週の基準>
週をどのように扱うかを数値で指定します。
(詳細後述)

日付と週番号の形式を指定する方式です。

週の基準

週の基準とそれぞれの詳細です。

(週の始まりとルール)

週の基準週の始まりシステム
(第1週の取り扱い)
省略日曜日1月1日を含む週が第1週
(年が変わると1になる)
1日曜日
2月曜日
11月曜日
12火曜日
13水曜日
14木曜日
15金曜日
16土曜日
17日曜日
21月曜日その年の最初の木曜日を
含む週が第1週(年を跨ぐ)

省略と1と17、2と11は同じ結果となります。

21はISOWEEKNUMと同じ結果となります。

21以外は年を跨ぐと(1/1になると)

第1週となります。

引数と結果

それぞれの関数と日付、週の基準毎の結果です。

週番号で色分けしています。

ISOWEEKNUM関数とWEEKNUM関数の引数と結果(色分け)

関連記事

関数の仕様と使い方の記事一覧

フォローする