UiPath 概要 SE以外のための業務効率化ツール

2019年11月11日

UiPathは世界的に導入実績を持ち

日本でも金融機関や地方自治体などで

活用が進んでいる業務効率化ツールです。

筆者もUiPathを使用して

業務の効率化を行っています。

RPAツールとは

UiPathはPRA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)と

呼ばれるジャンルのツールです。

「ロボットによる仕事の自動化」と

訳されるので難しく感じますが

システムエンジニアが使うためでなく

事務処理をしている人が

使うために最適化されているツールです。

EUCとRPA

実運用の上ではRPAは

EUC(エンドユーザーコンピューティング)の

中に含まれるツールの種類と

考えて差し支えありません。

EUCとRPAの概念図
EUCとRPAの概念図

これまでのEUCの範囲は

個々のアプリケーションに

狭く深く効率化していました。

それに対してRPAはアプリケーションを

横断し広く浅く効率化します。

スキル習得のハードルがRPAの方が低く

深い機能が不要なケースな場合も多いため

RPAツールによるEUCは

コストパフォーマンスが高いと言えます。

またRPAから個々のアプリケーションの機能を

起動することが可能なため

組み合わせて広く深い効率化を

実現することが可能です。

(例:RPAツールでマクロを起動ボタンを押す)

そのため既に作成したマクロなどを

流用することも可能ということです。

具体的な進め方・習得方法

業務部門が行うと言っても

論理的思考力やIT知識があるほうが

効率的に使いやすいのは事実です。

よってSEが最初に取り組んで

徐々に他の方が引き継いでいく

アプローチも効率的でしょう。

Excelのマクロより簡単なので

それを使える方はご自身で

取り組むのも効率的です。

使えなくても簡単のため

マクロを飛ばしてこちらを

取り組んでみるのも正解です。

組織形態やスキルに応じて

柔軟に進めることが推奨されます。

RPAのガイドラインもありますが、

かなり広く深く掘り下げている上に

大規模組織や公的機関レベルの管理となり

ハードルを恐ろしく上げてしまうため

少しRPAの導入実験した上で、

実働できそうならガイドラインを

参考にする程度を推奨します。

利用する利点

先述の通り利用のハードル低いのが

突出した利点です。

具体的にどのようなことを

行えるかというと

Windowsで行っている、

Excelなどのアプリケーションや

ウェブブラウザなどを横断して

操作を自動化することが出来ます。

自動化を設定するための画面は

非常に親切で直感的に使用できます。

これにより単純な単純な仕事を自動化し

高速化と正確性向上を行い

それにより削減した時間で

下記のような人生の改善を

目指す事が可能になります。

  • プライベートを充実する
  • クリエイティブな仕事を行う
  • 更なる効率化を行う

UiPathは個人利用や一定規模以下の

組織であれば無料で使用できるため

ライセンスの基準は適宜変わるため

UiPathの公式ページを

参照頂けると幸いです。

https://www.uipath.com/ja/

次の記事

UiPath Community Editionのインストール

フォローする