UiPath データテーブルをフィルタリング アクティビティ

「データテーブルをフィルタリング」はデータテーブルの

列や行をフィルタリングするアクティビティです。

この記事では機能と使い方を紹介します。

アクティビティの使い方

「プログラミング」、「データテーブル」より

「データテーブルをフィルタリング」を

デザイナーパネルの中にドロップします。

「プログラミング」、「データテーブル」より「データテーブルをフィルタリング」をデザイナーパネルの中にドロップ

DataTable型の変数を用意し入力(フィルタリング前)と

出力プロパティ(フィルタリング後)に設定します。

このDataTable型は最初から変数の型に登録されています。

DataTable型の変数を用意し入力(フィルタリング前)と出力プロパティ(フィルタリング後)に設定

「フィルターウィザード」ウインドウの操作

デザイナーパネル上の「フィルターウィザード…」ボタンをクリックします。

デザイナーパネル上の「フィルターウィザード…」ボタンをクリック

「フィルターウィザード」ウインドウが表示されるので

行のフィルタ条件と表示列を設定していきます。

「フィルターウィザード」ウインドウ

フィルター行

どの行を表示するかの条件を指定します。

行フィルターモードで「保持」を選択すると

指定条件に一致する行のみを表示します。

「削除」を選択すると指定条件に一致する行を削除します。

「列」には文字列(“で囲む)で列名を指定します。

操作と値には具体的な条件を指定します。

右の「×」ボタンをクリックすると

その行の条件指定を削除します。

「+」ボタンをクリックすると

行の条件指定を追加します。

操作と値で具体的な条件を指定します。

フィルターウィザード。フィルター行の操作方法

値の指定は列のデータ型に合わせる必要があるため、

数値型の場合は"なし、文字列型の場合は"で囲む必要があります。

操作は論理演算子に近いもので比較の種類を指定します。

フィルターウィザード。条件指定
操作比較方法
<値より小さい
>値より大きい
<=値以下
>=値以上
=値と同じ
!=値と異なる
Is Empty空白(値指定なし)
Is Not Empty空白ではない(値指定なし)
Starts With値から始まる文字列
Ends With値で終わる文字列
Contains値を含む文字列
Does Not Starts With 値で始まらない文字列
Does Not Ends With 値で終わらない文字列
Does Not Contains 値を含まない文字列

出力列

どの列を表示するかを指定します。

列選択モードで「保持」を選択すると

指定した列のみを表示します。

「削除」を選択すると指定した列を削除します。

「列」には文字列(“で囲む)で列名を指定します。

「列」の右の「×」ボタンをクリックすると

その列の指定を削除します。

「+」ボタンをクリックすると列の指定を追加します。

フィルターウィザード。出力列の操作方法

プロパティ

共通

表示名
共通-表示名プロパティ

デザイナーパネルに反映されます。

デザイナーパネル上の表示

入力

データテーブル

フィルタリングする元のデータテーブル変数を指定します。

入力-データテーブルプロパティ

出力

データテーブル
出力-データテーブルプロパティ

フィルタリングした結果のデータテーブル変数を指定します。

入力と同じ変数を指定すれば変数の内容が

フィルタリングした結果で置き換わり

別の変数であれば元の変数の内容は保持されます。

オプション

列選択モード

列の条件が保持(Keep)か削除(Remove)かを指定します。

ただし列名までは指定できないため

プロパティよりフィルターウィザードを使用しましょう。

オプション-列選択モードプロパティ
行フィルターモード

行の条件が保持(Keep)か削除(Remove)かを指定します。

ただし条件までは指定できないため

プロパティよりフィルターウィザードを使用しましょう。

オプション-行フィルターモードプロパティ

その他

プライベート

UiPathのログに引数や変数の値が

表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみ

チェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事

UiPath データテーブル関連の記事一覧