UiPath データ列を追加 アクティビティ

データ列を追加はデータテーブルに

新規列を追加するアクティビティです。

この記事では機能と使い方を紹介します。

アクティビティの使い方

「プログラミング」、「データテーブル」より

「データ列を追加」をデザイナーパネルの中にドロップします。

「プログラミング」、「データテーブル」より「データ列を追加」をデザイナーパネルの中にドロップ

プロパティを設定し実行すると指定データテーブルに列が追加されます。

その他-TypeArgumentに追加列の変数の型を指定し、

入力-データテーブルに列を追加するDataTable変数、

入力-列名に追加する列の名前を文字列で指定すると

最低限、動作しますが他のプロパティも重要です。

プロパティ

共通

表示名
共通-表示名プロパティ

デザイナーパネルに反映されます。

デザイナーパネル上の表示

入力

データテーブル
入力-データテーブルプロパティ

列を追加するDataTable型変数を指定します。

入力-列プロパティ

追加する列をDataColumn型変数で指定します。

別のDataTable型の変数を用意して

データテーブル変数.Columns(インデックスの整数)

または

データテーブル変数.Columns(列名の文字列)

にようにすれば別のデータテーブルから列をコピー可能です。

列名を指定する場合は、指定できません。

(列名の方が利用頻度は高いでしょう)

列名
入力-列名プロパティ

新規で追加する列の名前を文字列で指定します。

列プロパティと同時指定は出来ません。

オプション

列のルールを設定します。

データテーブルを構築ウインドウで設定するものと同様)

列名プロパティを指定する場合のみ有効です。

(列プロパティは不可)

DBNullを許可
オプション-DBNullを許可プロパティ

「nullを許可」に対応します。

チェックすると値の未設定が可能です。

ただし列の追加時に規定値がないとnullが入ります。

一意
オプション-一意プロパティ

チェックすると重複するデータが登録不能になります。

列追加時にも機能するため

行のあるデータテーブルには利用できません。

規定値
オプション-規定値プロパティ

未設定の場合の値を設定します。

列追加時にも機能します。

最大長
オプション-最大長プロパティ

最大文字数を指定します。-1では無制限です。

データ型が文字列の場合に有効な項目です。

自動インクリメント
オプション-自動インクリメントプロパティ

行が追加されるたびに1づつ増えた値が自動設定されます。

データ型が数値の場合指定可能です。

ただし列追加時には機能しないため

既に行のあるデータテーブルには使い辛いです。

その他

TypeArgument
その他-TypeArgumentプロパティ

追加する列のデータ型を指定します。

StringやInt32以外でも指定可能です。

プライベート

UiPathのログに引数や変数の値が

表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみ

チェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事

UiPath データテーブル関連の記事一覧