UiPath データテーブルを構築 アクティビティ

2020年3月23日

「データテーブルを構築」は表形式のデータを

新規で作成するアクティビティです。

この記事では、機能と使い方を紹介します。

なお、このアクティビティは内容が空や固定の

データテーブルを作成するものです。

文字列からデータテーブルを作成する場合は、

このアクティビティではなく、

データテーブルを生成を使用します。

またファイルの内容を加工せずに

そのままデータテーブルを作成する場合は

Excel 範囲を読み込みCSVを読み込みが適しています。

アクティビティの使い方

「プログラミング」、「データテーブル」より

「データテーブルを構築」を

デザイナーパネルの中にドロップします。

「プログラミング」、「データテーブル」より「データテーブルを構築」をデザイナーパネルの中にドロップ

DataTable型の変数を用意し出力プロパティに設定します。

DataTable型は最初から変数の型に登録されています。

DataTable型の変数を用意し出力プロパティに設定

「データテーブルを構築」ウインドウの操作

デザイナーパネル上の「データテーブル…」ボタンをクリックします。

デザイナーパネル上の「データテーブル…」ボタンをクリック

「データテーブルを構築」ウインドウが表示されるので

データの内容と列の属性を定義します。

「データテーブルを構築」ウインドウ

ヘッダー列の+で列を追加、×で列を削除、

鉛筆マークで列の編集(定義変更)します。

データ行の×で行の削除、セルを編集すると

データの追加と変更が行えます。

「データテーブルを構築」ウインドウの操作説明

列の追加や編集を行うと

下記のようなウインドウが表示されます。

(追加時は「新しい列」、編集時は「列の編集」)

追加時は「新しい列」、編集時は「列の編集」ウインドウ
項目説明
列の名前列の名前を指定します。
データ型データの型を指定します。
StringやInt32以外でも指定可能です。
nullを許可チェックすると値の未設定が可能です。
自動インクリメント行が追加されるたびに1づつ増えた値が
自動設定されます。
データ型が数値の場合指定可能です。
商品番号などの管理番号に使用します。
既定値未設定の場合の値を設定します。
一意チェックすると重複するデータが
登録不能になります。
最大長最大文字数を指定します。-1では無制限です。
データ型が文字列の場合に指定可能な項目です。

設定を完了し「データテーブルの構築」ウインドウの

「OK」ボタンを押下すると出力プロパティの変数に

設定内容のデータが反映されます。

その内容はExcelCSVなどに反映することが可能です。

プロパティ

共通

表示名
表示名プロパティ

デザイナーパネルに反映されます。

デザイナーパネル上の表示

出力

データテーブル
出力プロパティ

構築結果が反映されます。

DataTable型の変数を指定します。

その他

プライベート

UiPathのログに引数や変数の値が

表示されるかを指定します。

機密性の高い情報を取り扱う場合にのみ

チェックする必要があります。

プライベートのキャプチャ

関連記事

UiPath データテーブル関連の記事一覧